スポーツ

石井琢朗コーチの横浜復帰で待望される「もう1人の大物OB」

横浜→広島→巨人と渡り歩いて、ついに古巣復帰へ(石井琢朗氏。時事通信フォト)

コーチとして広島→ヤクルト→巨人と渡り歩いて、ついに古巣復帰へ(石井琢朗氏。時事通信フォト)

 横浜DeNAは11月3日、球団OBの斎藤隆氏、鈴木尚典氏、小杉陽太氏と来季のコーチ契約を結ぶと発表。さらに、今季まで巨人でコーチを務めた石井琢朗氏もコーチとして入閣する見込みだと報じられている。石井氏は1989年にドラフト外で大洋に入団。38年ぶりの日本一に輝いた1998年にはリードオフマンとしてチームを引っ張り、2006年には2000安打も達成。盗塁王にも4回輝いて横浜の顔と言える選手だったが、2008年秋に球団から引退勧告を受けた。

 しかし石井は現役にこだわり、広島に移籍。通算2432安打、358盗塁という輝かしい数字を残して2012年限りで引退した。その後は広島のコーチとして連覇に貢献し、2018年からヤクルト、2020年から巨人で指導。3球団で若手を育て、ベテランの復活に貢献するなど有能ぶりは球界に知れ渡っている。プロ野球担当記者が話す。

「DeNAは2017年にクライマックスシリーズを勝ち上がって、日本シリーズに進出するなど年々力をつけてきました。今年は開幕に外国人が来日できないという事態も影響して最下位に終わりましたが、直近6年で3度Aクラス入りしている。若手も成長しているし、ソトやオースティンなど外国人の補強もうまくいっている。

 しかし、優勝までにはもう一歩手が届かない。その1つの要因として、現役時代だけでなく指導者としてもあまり実績を残していないコーチと長年にわたって契約してきた球団体質が指摘されてきました。そうしたこともあって今回の石井氏の招聘からは、球団が本気で優勝を目指している姿勢が伝わってきます」(以下同)

 昨年オフ、ラミレス監督が成績不振の責任を取って退任したが、コーチ陣はほとんど残留。過去に球団幹部が「コーチを育てる」と発言したこともあり、コーチ陣の入れ替えには消極的な態度を取り続けてきた。

「特に走塁コーチは長年、現役時代に数えるほどしか盗塁していない人が務め、実際に成果を上げられなかった。石井琢朗コーチの肩書きは未定ですが、おそらく野手総合になるのではないか。そうなれば、DeNAの機動力アップも期待できると思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン