スポーツ

石井琢朗コーチの横浜復帰で待望される「もう1人の大物OB」

現役時代の石井琢朗のバッティング。1998年の日本シリーズでは西武の豊田清から本塁打を放っている(時事通信フォト)

現役時代の石井琢朗のバッティング。1998年の日本シリーズでは西武の豊田清から本塁打を放つなど、日本一に大きく貢献(時事通信フォト)

長期間ウイークポイントのポジション

 今季のDeNAはチーム盗塁数31で、阪神のルーキー中野拓夢の盗塁数30とほとんど変わらず、3年連続でチーム盗塁数は最下位に終わった。

「桑原将志や神里和毅、森敬斗、宮本秀明など走れる選手はいる。しかし、盗塁の技術が足りないためか、アウトになる確率も高かった。桑原は今年含めて2桁盗塁を4回記録していますが、2桁盗塁死も2回ある。今年も12盗塁、7盗塁死で成功率は6割3分2厘。阪神の中野は30盗塁、2盗塁死で成功率は9割3分8厘。この数字は突出していますが、1番・桑原の盗塁成功率が7割5分くらいまで上がれば、攻撃力もさらにアップする。石井コーチには代走のスペシャリストを育成することも望まれますし、足の速くない選手でも走塁意識を高めることで得点力アップにつながるはずです」

 石井コーチの古巣復帰にファンたちの期待も高まっているが、同時にもう1人、招聘を望まれているOBがいる。

「元中日監督の谷繁元信氏です。横浜をFAで出て行き、中日で指揮官まで務めた経歴はありますが、かつてのチームメイトである三浦大輔監督から請われれば、一肌脱ぐのではないでしょうか。あとは球団の出方次第だと思います。

 DeNAは捕手が10年以上ウイークポイントになっている。今季も正捕手不在で、50試合以上先発した捕手が1人もいなかった。とはいえ、アマチュア時代の実績などを見れば、素材は悪くない。次の人事の注目はバッテリーコーチです。谷繁氏が入閣しなくても、現役生活や指導者として実績のあるバッテリーコーチを呼べれば、来季すぐとは言わないまでも、近い将来の優勝を期待できます」

 遂にコーチングスタッフに力を入れ始めた横浜DeNAベイスターズ。今後の人事も期待される。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト