• TOP
  • 芸能
  • 歌広場淳、「成長したい」連発 「自分は必要じゃない」闇発言も

芸能

2021.11.11 21:00  NEWSポストセブン

歌広場淳、「成長したい」連発 「自分は必要じゃない」闇発言も

「成長」という言葉をかつてはよく使っていた、渦中の歌広場淳(写真は2016年)

「成長」という言葉をかつてはよく使っていた、渦中の歌広場淳(写真は2016年)

 2児の父親であるビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの歌広場淳(36)が不倫・中絶トラブルを「週刊文春」に報じられて活動自粛に入った。報道によると、歌広場は20代女性と不倫し、相手女性が切迫流産の末に妊娠中絶に至ったという。

 近年の歌広場は、プロゲーマーと遜色のない格闘ゲームの腕前やイケメン好きキャラが支持されて、ゴールデンボンバーに無くてはならない存在だった。しかし、かつては作詞作曲を担当する鬼龍院翔(37)、白塗りでマッチョの樽美酒研二(40)、俳優として舞台主演も務める喜矢武豊(36)らと比べて地味な印象があった。

 それは本人も悩んでいる部分だったのだろうか。歌広場のブログを「成長」で検索すると、なんと50件以上も記事がヒットする。もちろん異なる文脈で登場している場合もあるものの、〈人として成長して行きたいです〉〈休日こそ何か自分を成長させる瞬間を意識的に探したいですね〉〈何らかの技術をちゃんと学ばなくてはいけないな、成長に繋げなくてはいけないな〉など、もはや「成長」が口癖のような状態だ。本人は前向きな姿勢だが、こんな事態になってから見ると、逆に“闇”の一面を感じなくもない。

〈今の自分はこれからのゴールデンボンバーに必要じゃない気がします〉という発言がファンをザワつかせたこともあった。2012年末にNHK紅白歌合戦に初出場した直後、2013年1月1日に更新したブログでは、紅白出場の喜びをつづった上で、〈今年はどうなるんだろう。僕はどうなるんだろうなあ。今の自分はこれからのゴールデンボンバーに必要じゃない気がします〉と胸の内を明かしていた。

 心配の声を受けて、同年1月3日、〈一日のブログで書いたことが何かと取り沙汰され、色々と良くない反響を呼んでしまいました。心配して下さった人には本当に頭を下げなくてはならないと思います。ごめんなさい〉と釈明した。すでに立ち直っているとしつつも、〈とりあえず精神的な成長が急務です。ただ、一時の感情であそこに及んだ訳ではないことを容赦下さい。とか言ったらじゃあ計画的なのかって思われそうですけど、それも違います。あーもうやになる!!!読んでる方も面倒だと思うのでそろそろ終わりにしなくては!〉と複雑な心境を吐露していた。

関連記事

トピックス