芸能

升毅「料理はストレス解消」 自宅マンションの隣室で私的居酒屋を“開業”

大将の升毅が本格的な居酒屋空間でおもてなし

大将の升毅が本格的な居酒屋空間でおもてなし

『週刊ポスト』の新連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる役者・升毅は、実はプライベートでも自宅マンションの隣室を借りて「居酒屋ますや」を開いている。訪れる客は、役者仲間や草野球チームのメンバーなど。要は友人を招いてのホームパーティだが、玄関には暖簾をかけ壁には手書きのお品書きを貼るなど、本格的な居酒屋仕様の空間だ。

「きっかけは10年ほど前に、お隣さんが引っ越したこと。小さなマンションだから隣に変な人が来たら面倒だなと思って、いっそ自分で借りてしまおうと考えたんです。せっかく借りるなら、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』にしたいと、テーブルや食器、調理道具を揃えるところから始めました」

料理は気分転換、ストレス解消効果も

「居酒屋ますや」のオープンは月に2回ほど。お品書きには、おでん、きんぴら、煮物など、酒のすすむメニューがズラリと並ぶ。

「僕の中では居酒屋=おでんのイメージ。だから、まずは仕込んでおいたおでんをつまんでもらって、その間につまみを作っていくスタイルです。『ポテトピザ風』など、皆に好評で定番になったメニューもたくさんあります。よく来る常連から『また作ってよ』とリクエストされるのも嬉しいものです」

 撮影時の手際も鮮やか。楽しげな料理姿から、作り慣れていることが窺える。

「僕にとって料理は気分転換。特に作るものが決まっていなくても、スーパーで食材を見ていると食べたいものが浮かんでくる。買い物を終えて料理を作り始めると同時に、これを刻んでおこう、これにお湯を掛けておこうと、段取りを考え始めます。その思考回路が日常とは全く違うから、ストレス解消にもなっているんじゃないかな」

 料理好き・もてなし好きは筋金入り。学生時代には一人暮らしのアパートに友人を招き、料理をふるまっていた。

「幼い頃の我が家の食卓は、母親が作った料理が大皿で出てきて、家族でとりわけるスタイルでした。お客様が多い家だったのですが、来客時もそのスタイルで、皆さんに好評だった記憶があります。料理好きな母の姿を見ていたせいか、子供の頃から自分のキッチンをもちたいと思っていました。一人暮らしを始めてからは、劇団の後輩がウチに遊びに来ると、昼は麺類、夜は酒のつまみなんかを作っていましたね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン