芸能

南果歩が告白、瀬戸内寂聴さんとの26年間の交流 離婚、闘病時に救われた

南果歩

瀬戸内さんとの26年にわたる交流について語った

 敬愛する大先輩──女優・南果歩(57才)は瀬戸内寂聴さん(享年99)を長年慕ってきた。時に叱られ、時に愛のある言葉をもらい、そして一緒に笑いあった寂聴さんと南。26年もの時間を共にする中で、いまでも忘れられないという寂聴さんが南に託した言葉の数々と、最後の約束──。

 その日、女優・南果歩(57才)は、米・ニューヨークで衝撃的な知らせを聞いた。“先生”と呼び、敬愛してやまないあの人が、静かに旅立ったことを──。

「ニューヨークで少し仕事があり、それを終えた後、勉強のためにブロードウェーの舞台を観るためにそのまま滞在しています。

 寂聴先生の訃報を聞いたのは、その日、舞台を2本観た後、宿に戻った直後でした。あまりのショックに頭が真っ白になり、一晩中泣きあかして、外に出られる状態ではありませんでした。でも、そのままひとりで部屋にいてはいけないと感じ、『ティナ』という舞台を観に行ったんです。

 世界的歌手であるティナ・ターナーさんの人生を描いた作品で、小さな町の少女が、人種や年齢、ジェンダーなどの既成概念にとらわれず自分で自分を育て、スターの座に上り詰める物語。観ながら先生の人生を思わずにはいられませんでした。先生も51才で“瀬戸内晴美”から“瀬戸内寂聴”になられて、ご自身の人生を切り拓かれた。私もそうありたい、そうしなければならないって強く思えました」(南・以下同)

 11月9日、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが世を去った。大正、昭和、平成、令和と4つの時代を生き、99才の大往生だった。その寂聴さんと南は、長年にわたり親交がある。2度の離婚や病気など度重なる窮地を乗り越えてきた南だが、その裏には常に寂聴さんの存在があった。泣きはらした真っ赤な目で、時折言葉に詰まりながらも、寂聴さんとの26年にわたる交流について南は静かに語り始めた。

「振り返ってみると本当に先生のおっしゃる通り」

 寂聴さんと南の交流が始まったのは1995年。きっかけは、寂聴さんが開いている京都の寺院「寂庵」をまだ幼い息子を連れた南が訪れたのがきっかけだった。

「それから、先生の誕生日である5月15日には、定期的に寂庵を訪れるようになりました。お会いするたびに『あなたいくつになったんだっけ?』とお聞きになるので『今年〇才です』と答えると『あなた、これからよ。これから人生が面白いわよ』っておっしゃるんです。その言葉にいつも励まされていました。

『人間、いい顔ばかりして生きられないわよね』って言ってくださるので、先生には素の自分を見せられる。ほかの人には言えない本音を吐き出して、先生のユーモアあふれるお言葉に最後には笑ってしまい、あっという間に時間が過ぎていくんです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン