国内

解決金支払いに合意した小室圭さん 結婚3週間で動かしたお金は750万円

11月14日、空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻

11月14日、空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん

 どんな夫婦であれ、結婚当初はお金が掛かるもの。日本を離れて物価の高いニューヨークで生活するとなれば、出費もさらに大きくなる──。11月14日、秋篠宮家の長女・小室眞子さんと圭さんは、アメリカに向けて旅立った。搭乗したのはビジネスクラスだった。ビジネスクラスの運賃は、片道100万円弱。ふたりで約200万円になる。

 これにとどまらず、結婚以降、小室さんの支出はすさまじいものになっている。手始めに、結婚会見を行った都内ホテルの会場料金は、2時間で21万円。その日以降、渡米まで渋谷区内の高級ウイークリーマンションで生活した。滞在は1泊約7万円で、19日間の滞在なので、単純計算で130万円超となる。

 そして渡米2日前の12日、小室さんは、金銭トラブル解決のために、母・佳代さんの元婚約者Aさんと対面。『解決金』として、Aさんが“佳代さんに貸した”と主張する約400万円を額面通りに支払うことで双方が解決とする書面を取り交わされた。この解決金は直接手渡したわけではないが、近日中に振り込むことで合意したという。

 そうした外出時の移動手段はタクシーかハイヤー。なんと小室さんは、結婚からわずか約3週間で、750万円以上のお金を動かしたことになる。

 一方で、今後のニューヨーク生活で金銭的余裕を持てるかというと、そうでもない。今年7月に実施されたニューヨーク州の司法試験に不合格だった小室さん。勤務先の法律事務所の立場は「法務助手」のままだ。弁護士として働くならば、2000万円近くの年収が見込めるが、法務助手では600万円ほどとされている。

 元皇族としての品位を保つための、約1億4000万円の結婚一時金も、眞子さんは辞退した。

※女性セブン2021年12月2日号

関連記事

トピックス