スポーツ

新庄剛志、亡き父が語っていた育て方「植木と同じ、放任だけど剪定も必要」

父・英敏さん(右)が語っていた新庄剛志氏の育て方

父・英敏さん(右)が語っていた新庄剛志氏の育て方

 日本シリーズそっちのけで話題を振りまくのが、日本ハム監督に“電撃就任”した新庄剛志氏だ。ド派手な服装、独特の“新庄節”、確かな野球センス──「宇宙人」と呼ばれる新庄氏の手腕に期待が集まるが、この異端の野球人はどのように育てられたのか。10年前に亡くなった父・英敏さん(享年70)が、本誌・週刊ポストに明かしていた新庄氏の歩みとは。【全3回の3回目】

 * * *
 2004年にメジャーから日本球界に戻ってきた新庄氏が選んだのが日本ハムだった。新庄フィーバーに沸く2004年の沖縄・名護キャンプでは、現地を訪れた父・英敏さんも女性ファンに囲まれ、上機嫌で一緒に写真を撮っていた。

 福岡市の自宅に戻った後に、英敏さんは『週刊ポスト』のインタビューに応じていた(2004年2月20日号掲載)。父から見た息子の剛志は、どのように見えていたのか。

「日本ハムのキャンプに行って、剛志も変わったと思いましたね。パ・リーグに行って落ち込んでいるかと思っていたが、阪神時代より元気でした。阪神時代は人気球団のファンの多さにあぐらをかいて、“なんでオレばかりサインしなければいけないの?”という気持ちでいたのが、日本ハムでは“オレが引っ張っていかないといけない”とチームを盛り上げるためにムード作りをしていますね。メジャーでの3年間が勉強になっている。日本ハムのキャンプでは最後の1人までサインをしていた。お客さんあってのプロ野球というのがわかったのだと思います。あのまま阪神に残っていたら、こういう気持ちを知らずに終わったはず」

 新天地での成長した姿を見て、英敏さんは満足している様子だった。

「日本ハムを選んでくれてよかった。剛志は日本に帰ってきて、巨人を選ぶつもりだった。というのも、私が巨人ファンで、プロ野球選手として巨人でプレーするのが夢だった。それを知っていたので、最後の親孝行のつもりだったんでしょうね。

 でも、私は“巨人と阪神だけはダメだぞ”と言ってやったんです。剛志は驚いていましたが、“巨人や阪神のような人気球団に入れば、また阪神時代のようにダラッとしてしまう。それに巨人に入って阪神戦でホームランを打ったら、阪神ファンに殺されるぞ。おまえは阪神で育ててもらった。阪神ファンを敵に回してはダメだ”と伝えました。その後、電話は掛かって来ませんでしたが、日本ハムを選んでくれた」

 北海道に本拠地を移転したばかりの日本ハムでは、数々のパフォーマンスでファンを沸かせ、2006年に日本一に輝くと、ユニフォームを脱いだ。

関連記事

トピックス