芸能

デビュー曲ヒットのINI「メンバーへの信頼感がどんどん増しています」

ini

早くも話題沸騰のボーイズグループ「INI」

 11月3日にデビューしたばかりの11人組ボーイズグループINI。記念すべきデビューシングル『A』は、発売1週目でなんと50万枚以上を売り上げ、堂々の1位を飾った。初見のかたもそうでない“MINI”(ファンの呼称)も、個性豊かなメンバーたちを知れば知るほど沼落ち確定! メンバーたちにデビューシングルの注目ポイントを聞いた。

松田迅:デビュー曲の『Rocketeer』は歌詞の中に「アジト!」という耳に残るフレーズがファンのかたがたにも愛されているキーポイントだと思います。

高塚大夢:この曲はファン投票で決まったのですが、実はぼくらも全員活動曲は『Rocketeer』がいいなと思っていたので、ファンの皆さんと思いが通った気がしてうれしかったです。

後藤威尊:INIにはラップを得意とするメンバーが揃っていて、この曲はラップシーンが多いので、「おれたちのラップを聴いてくれ!」と思いながらパフォーマンスしています。

池崎理人:初めてのMV撮影では、ぼくは大根演技でしたが(笑い)佐野くんは監督から「演技派だね」って褒められていましたよ。

木村柾哉:洸人が映っていないときぼくをこっそり笑わせようとしてきたり(笑い)。

尾崎匠海:グループ結成から数か月が経ち、メンバーの印象もだいぶ変わりました。豊凡はクールかと思っていたらかなりの甘えん坊。

松田:京ちゃん(藤牧)も。この前はたくみん(尾崎)とじゃれあっていたので、ぼくはそれを動画に収めました(笑い)。

藤牧京介:オーディション中は考えることがたくさんあって、なかなか自分自身をさらけ出せなかったんです。

許豊凡:ぼくも。でもいまはみんなへの信頼感がどんどん増して、心を開けるようになりました。

佐野雄大:今後INI全員でやりたいことは、人狼大会。西くんは常に人を騙しているから上手そう。

西洸人:その言い方はよくないよ!(笑い)しかもおれ、そんなに得意じゃないし。

田島将吾:あとは、みんな出身地がバラバラなので、それぞれの地元でライブがしたいです。

許:行けるようになったらぜひ!

◇INI とは?
爆発的人気を誇った韓国発のオーディション番組『PRODUCE 101』の日本版『PRODUCE 101 SEASON2』(GYAO!)で誕生したボーイズグループ。シーズン1ではJO1が誕生し、大きな話題を呼んだ。シーズン2ではINIが過酷なミッションと視聴者投票によりデビューを掴んだ。グループ名のINIは「11人のぼくたち(私:I)があなた(I)と繋がり合う(Network)」という思いが込められている。発売中のデビュー曲『A』は、ハーフミリオンを達成! てっぺんに向かって走り出した彼らにぴったりの疾走感のある楽曲になっている。

撮影/田形千紘

※女性セブン2021年12月2日号

関連記事

トピックス