スポーツ

鈴木誠也の妻・畠山愛理が応募せず「ミス日本」に選ばれた事情

リオ五輪出場前の2015年に「ミス日本」になった畠山愛理

リオ五輪出場前の2015年に「ミス日本」になった畠山愛理(左から3人目)

 この冬、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指している広島カープの主砲・鈴木誠也。走攻守にわたって長年安定した結果を残してきたことや、大谷翔平と同学年という若さもあって「メジャーからの評価は高い」(スポーツ紙記者)という。そんな鈴木を支えるのが、2019年8月に結婚した同い年の妻で元新体操日本代表の畠山愛理だ。

 鈴木や大谷だけでなくフィギュアスケートの羽生結弦、競泳の萩野公介や瀬戸大也、バドミントンの桃田賢斗など1994年生まれのアスリートたちは各競技を代表する選手ばかり。畠山もその「94年世代」の1人で、新体操「フェアリージャパン」のメンバーとしてロンドンとリオの2度の五輪に出場した経験を持つ。

 畠山はリオ五輪終了後に現役引退すると、身長170センチの長身を活かしてモデルやNHKのスポーツ番組『サンデースポーツ』のキャスターとして活躍。そんな畠山の知名度を一躍高めたのが、バリバリのアスリートだった2015年に受賞した「ミス日本」の肩書きだ。

 1950年に後の大女優・山本富士子が第1回グランプリ受賞して産声を上げた「ミス日本」。歴代グランプリ受賞者には藤原紀香(1992年)やパリコレモデルの新井貴子(2012年)、近年では先日の衆議院議員選挙に出馬した松野未佳(2016年)ら話題となった人々が並ぶ。

 そんなミス日本は「公募制」。書類選考で合格した応募者は、全国数ヶ所で開催されるいずれかの地区大会に出場、そこで「ファイナリスト」に選出された参加者が本選に進出し、最終的にグランプリなどの受賞者が決定される“狭き門”である。

 2016年のリオ五輪出場を目指していた畠山が自ら「ミス日本」に応募したのか──。主催する一般社団法人ミス日本協会専務理事の和田健太郎氏が、畠山が受賞した舞台裏を明かす。

関連キーワード

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン