スポーツ

鈴木誠也の妻・畠山愛理が応募せず「ミス日本」に選ばれた事情

リオ五輪出場前の2015年に「ミス日本」になった畠山愛理

リオ五輪出場前の2015年に「ミス日本」になった畠山愛理(左から3人目)

 この冬、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指している広島カープの主砲・鈴木誠也。走攻守にわたって長年安定した結果を残してきたことや、大谷翔平と同学年という若さもあって「メジャーからの評価は高い」(スポーツ紙記者)という。そんな鈴木を支えるのが、2019年8月に結婚した同い年の妻で元新体操日本代表の畠山愛理だ。

 鈴木や大谷だけでなくフィギュアスケートの羽生結弦、競泳の萩野公介や瀬戸大也、バドミントンの桃田賢斗など1994年生まれのアスリートたちは各競技を代表する選手ばかり。畠山もその「94年世代」の1人で、新体操「フェアリージャパン」のメンバーとしてロンドンとリオの2度の五輪に出場した経験を持つ。

 畠山はリオ五輪終了後に現役引退すると、身長170センチの長身を活かしてモデルやNHKのスポーツ番組『サンデースポーツ』のキャスターとして活躍。そんな畠山の知名度を一躍高めたのが、バリバリのアスリートだった2015年に受賞した「ミス日本」の肩書きだ。

 1950年に後の大女優・山本富士子が第1回グランプリ受賞して産声を上げた「ミス日本」。歴代グランプリ受賞者には藤原紀香(1992年)やパリコレモデルの新井貴子(2012年)、近年では先日の衆議院議員選挙に出馬した松野未佳(2016年)ら話題となった人々が並ぶ。

 そんなミス日本は「公募制」。書類選考で合格した応募者は、全国数ヶ所で開催されるいずれかの地区大会に出場、そこで「ファイナリスト」に選出された参加者が本選に進出し、最終的にグランプリなどの受賞者が決定される“狭き門”である。

 2016年のリオ五輪出場を目指していた畠山が自ら「ミス日本」に応募したのか──。主催する一般社団法人ミス日本協会専務理事の和田健太郎氏が、畠山が受賞した舞台裏を明かす。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン