国際情報

中国の国家公務員試験受験者が初の200万人超え 1.9万倍のポストも

中国で公務員人気が過熱

中国で公務員人気が過熱

 中国の国家公務員試験の筆記試験が11月下旬、中国各地で始まり、来年にかけて順次、面接試験などが行われている。今年の受験者数は212万3000人と初めて200万人を超えて、倍率は68倍とこれまでで最難関の試験となったことが分かった。中国では大卒者の就職難や昨年来の新型コロナウイルスの感染拡大による景気低迷などで公務員人気が過熱し、安定した職を求めて競争が激化している背景がある。

 ネット上では「かつての社会主義経済時代の鉄飯椀(「鉄でできている飯の茶碗」転じて『絶対に潰れない職場の安定した職』の意味)が復活したようだ」との声が出ている。

 中国メディアによると、今回の試験では合計75の部局と23の直属機関の1万6745のポストで計3万1242人が採用予定。

 最も倍率が高い職務はチベット自治区阿里地区の郵便管理局の「一等局長以下」のポストで、採用数が1人に対して、1万9236人が応募しており、これまでの公務員試験では最高倍率となった。

 中国の公務員試験の志願者数は2009年以降、14年連続で100万人を超えていたが、今年は昨年の157万人を35%上回り、ついに200万人の大台を越えたものの、人気の高い職種とは対照的に、127のポスト計157人の募集枠には申込者はゼロとなった。主に、消防局や統計局調査隊(日本の国勢調査調査員に相当)、鉄道警察官などだ。

 人気のあるポストと、危険が伴うなどの不人気のポストの違いはあるが、200万人以上が公務員試験を受験する理由としてあげられるのは、中国での不動産業やIT関連などの民営企業の業績不振だ。中国の公務員試験では、採用条件に「実務経験」を問うものが多く、日本のように新卒優先ではない。このようなことから、民営企業である程度の専門的スキルを身につけた人々が公務員試験に挑んでおり、競争の激化につながっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト