芸能

ドラマオタクが2021年ブレイク俳優に「杉野遥亮」を推す理由

(時事通信フォト)

『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』に好評出演中(時事通信フォト)

 女優の杉咲花(24)が、盲学校に通う勝ち気な視覚障害者の少女を好演して話題の『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(日本テレビ系、毎週水曜夜10時〜)。ドラマオタクのエッセイスト小林久乃氏は、ヒロインの相手役で「喧嘩っ早いが純粋な不良少年」を演じる俳優・杉野遥亮(26)に注目し、2021年のブレイク俳優に推したいという。その理由とは?

 * * *
 年末が押し迫ってくると、今年はどんな演者さんがブレイクしたのかと話題にあがることが多い。コロナ禍に見舞われて、特に生きる難しさを感じることが多かった2021年。寂しいけれどエンタメ自体が衰退してしまったように思う。

 では個人的に今年(デビューしたわけではなく)どんなキャスティングが印象に残ったか? と言われると、まずは女優の田辺桃子さん(22)。一年通して出ずっぱりだったことも理由だけれど、ネットニュースでも騒がれたように演じる役柄がとても広かった。あるときは妻帯者の先輩を必要以上に慕う自衛隊員、ママ役、視覚障害者の役……と本人のキャラクターが見えなくなるほど、演じ分けていた。

 男性俳優では……と思い返す。『最愛』(TBS系)でヒロインの弟役を好演中の高橋文哉さん(20)かな……と思っていたところに、突然のダークホースが登場した。それが『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜(以下『恋です!』)』に出演している杉野遥亮さんだ。

「彼女に敬語を使う不良」役が気になる

『恋です!』は視覚障害者の赤座ユキコ(杉咲花)と、顔に傷のあるヤンキーの黒川森生(杉野)のふたりの恋愛模様を描いたラブコメディ。当初は“杉咲花・出演”というワードに惹かれて見ていた。が、次第に、白杖を持つユキコをいつも追いかけて、助けているチンピラ風の衣装を着た森生のことが気になっている自分に気づいた。

 名前が出ただけで地元のヤンキーが逃げていくほどの脅威を持つ、森生。でもどこか天然で、大好きなユキコの前では平身低頭であることが、ハイ、可愛い。しかも付き合う彼女に対して敬語を使っているのである。そのせいなのか「黒川!」と彼氏を名字で呼び捨てにするユキコの姿はもう姉御。その周囲を警護する組の若頭……のような雰囲気が見えてくる。もちろんハートフルな意味だ。

 森生の恋人に向けた純粋な姿と、杉野さんの雰囲気が脳内で合致。派手なのか? いやおしゃれなのか? が表裏一体になったようなチンピラ派手衣装の彼が気になってしまう。いつの間にかヒロインに向いていた視線が彼に方向転換していたのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス