国内

前澤友作氏が滞在するISSは「老朽化でトラブル続出」空気漏洩も

前澤の公式YouTubeチャンネル『Yusaku Maezawa【MZ】』では、ISS内部の設備などを紹介している

前澤の公式YouTubeチャンネル『Yusaku Maezawa【MZ】』では、ISS内部の設備などを紹介している

 12月8日、ロシアの宇宙船「ソユーズ」で宇宙に飛び立ったZOZO創業者の前澤友作氏。打ち上げから約6時間後、高度420kmで地球を周回するISS(国際宇宙ステーション)にドッキングし、目下、宇宙旅行を満喫中だ。

 11日には自身のYouTubeチャンネルでISS内部の様子を配信。「(地球は)マジで丸いし、マジで青いです。本当に綺麗」「(夢が)本当に叶っちゃって感無量です」と、宇宙から見る美しい地球の姿に興奮を隠せない様子だった。

 ISS滞在中は事前に募集した「宇宙でやってほしい100のこと」などにチャレンジ。恒例となった「お金贈り」も実施されるという。滞在は約12日間で、今月20日に地球に帰還予定だ。

 約100億円もの私財を投じたとされる宇宙旅行だが、もちろん、100%の安全が保証されているわけではない。気がかりなのは、近年、ISSで予期せぬトラブルが相次いで発生していることだ。宇宙開発事情に詳しいジャーナリストの鈴木喜生氏が語る。

「今年7月には、(ISSにドッキングした)ロシアの多目的実験モジュールの姿勢制御装置が誤噴射を起こしました。搭乗員や地上制御を担うロシア連邦宇宙庁もコントロールができず、ISSが540度回転。約1時間にわたり制御不能の状態が続き、地上との交信も2度にわたって途絶えました。最悪の事態に繋がった可能性もある重大インシデントです」

 このような事故が起これば、ISSとモジュールの接続部に破断や歪みが生じ、空気漏洩が起こり得る。また、回転が激しければ機体にGがかかって脱出用宇宙船のアンドッキング(離脱)も難しくなり、最悪の場合はクルーの脱出が不可能になる可能性もあるというのだ。鈴木氏が続ける。

「実際、2019年にはISSで空気漏洩が発生しています。後の調査で、発生源が居住空間や生命維持装置があるロシアのサービスモジュール『ズヴェズダ』にあることが特定された。前澤さんも使用するこのモジュールは、組み立てから35年以上経過しており、老朽化の影響が懸念されています」

 1998年に宇宙空間での建設が始まったISSは、当初、想定されていた2016年までの運用期間を過ぎている。老朽化の問題はISS全体に及び、今年4月にはロシア副首相(防衛・宇宙産業担当)のユーリ・ボリソフ氏が「老朽化により取り返しのつかない結果になる恐れがある」との見解を示した。また、同国の宇宙開発企業担当者もISSに小さな亀裂が複数あることを認め、「修復不可能な故障が起こり得る」と警鐘を鳴らしている。

 地球帰還時にも不安の種はある。今年10月、ISSからの帰還船として使用された「ソユーズMS-18」では、ISS離脱前にエンジンの異常燃焼が発生。ISSの姿勢を崩す事態に陥った。大事には至らなかったが、帰還船には、ロシア人の映画監督や女優など民間人が搭乗していた。原因は「人為ミス」と報告された。このような緊急事態発生時に宇宙のプロではない前澤氏が適切な対応をすることは可能なのだろうか。

「前澤さんは約100日間にわたり、緊急時のトラブルを想定した訓練を受け合格しているので、最低限の対処法は学習しているはずです。そもそも、命に直結するような事態はまず起こらないと考えますが、緊急時にプロの宇宙飛行士の手が回らない場合、前澤さんがどこまで冷静に対応できるかは未知数です」(鈴木氏)

 無事の帰還を祈るばかりだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン