芸能

「ホラー過ぎる」と話題の桜井ユキ 一味違う、緩急自在な“怪演”

桜井ユキ

クセのある演技で視聴者をざわつかせる桜井ユキ(公式HPより)

 視聴者の予想を裏切るスリリングな展開で、回を重ねるごとに盛り上がりが増しているドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)。主演の西島秀俊(50才)を筆頭に、豪華俳優陣が勢揃いしているが、その中でも注目を集めているのが桜井ユキ(34才)の怪演だ。SNSなどの口コミには、「ホラー過ぎる」「不気味さが増していく」といった言葉が並び、多くの視聴者をザワつかせているようだ。桜井の怪演について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 本作は、プロデューサー・秋元康(63才)をはじめとする、2019年に話題になったドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の制作陣が再集結したミステリー作品。ドラマ『シェフは名探偵』(テレビ東京系)や朝ドラ『おかえりモネ』(NHK)、映画『ドライブ・マイ・カー』と話題作への出演が続く西島を主演に迎え、愛する家族との平穏な日々を取り戻すため、奮闘する姿を描いている。

 あらすじはこうだ。運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介(西島秀俊)。妻と娘と息子の4人で平穏な日々を過ごしていた彼は、建築中のマイホームの完成を心待ちにしながら、明るい将来を夢見ていた。ところがある日、凌介の家族が失踪。警察の本格的な捜査が始まるが、SNSやYouTube上では「夫こそが犯人なのでは?」という憶測が広まり、凌介は窮地に陥ることに。周囲の人々の力を借りて、家族を取り戻すため奔走する。

 主演の西島を中心として、豪華なキャスト陣が勢揃いした本作。凌介の妻役には宮沢りえ(48才)、娘役に原菜乃華(18才)、息子役に『晴天を衝け』(NHK)でも注目集めた小林優仁(10才)が配され、凌介の協力者となる存在には芳根京子(24才)、佐野勇斗(23才)のほか、友人役に田中哲司(55才)と迫田孝也(44才)が扮している。そのほか、事件を追う刑事役を渋川清彦(47才)が、凌介を窮地に追い込む悪質YouTuberを柄本時生(32才)が演じ、若手からベテランまで、第一線の俳優たちが集結しているのだ。この面々の中で最も話題を集めているのが、何かと凌介を気にかける存在を演じた桜井ユキである。

関連キーワード

関連記事

トピックス