芸能

劇場版『あな番』で奈緒の怪演再び 短い出番で強烈な印象残す安定感

奈緒(公式HPより)

素朴な魅力もある奈緒(公式HPより)

 原田知世(54才)と田中圭(37才)がダブル主演を務める映画『あなたの番です 劇場版』が12月10日より公開中だ。公開初日から3日間で、観客動員数は32万人、興行収入は4億4700万円を記録する好スタートを切った本作。SNSなどの口コミでは、「『あな番』で泣く日が来るなんて」「点と点が線で繋がっていくのが爽快」といった声で溢れている。そんななか注目を集めているのが、ドラマ版での怪演が話題となっていた奈緒(26才)だ。今作でも観客を恐怖の渦に巻き込んでいる奈緒の演技について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 本作は、2019年に半年間にわたり放送されたドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の劇場版。ドラマ版同様に、企画・原案を担当した秋元康(63才)や脚本を担当した福原充則(46才)、監督を務めた佐久間紀佳などの製作陣をはじめ、主演の原田と田中を筆頭にオールスターキャストが再集結し、サスペンスフルな物語が描かれている。

 物語の舞台はとあるクルーズ船。幸せな日々を夢見て、マンション「キウンクエ蔵前」に引っ越してきた手塚菜奈と翔太夫妻は、引っ越しから2年後、マンションの住人たちを招待しクルーズ船上で結婚式を挙げることになる。しかし、挙式はなんとか無事に終わるものの、その直後、参加者の1人が不可解な死を遂げる。これを皮切りに、1人、また1人と死人が相次ぎ、逃げ場のない船上で連続殺人事件が幕を開ける。

 本作もドラマ版と同様に、相変わらず華々しいメンツが勢揃いしている。主演の2人をはじめ、ドラマ版でキーパーソンを担った西野七瀬(27才)と横浜流星(25才)、竹中直人(65才)、木村多江(50才)、生瀬勝久(61才)ら「キウンクエ蔵前」の個性豊かな住人たちのほか、浅香航大(29才)と皆川猿時(50才)の刑事コンビといったお馴染みの面々が再集結。さらに、門脇麦(29才)と酒向芳(63才)が新キャストとして参戦し、物語をより厄介にしている。そしてこの中でも特に目を引くのが、“尾野ちゃん”こと尾野幹葉役を演じた奈緒だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト