ライフ

食と健康の専門家が選んだ、体の不調対策におすすめの食品ランキング

ランキング

牛肉は鉄分が豊富な赤身が良い

“4番打者”だけでは不健康

 ランキング表をもとに、食卓に取り入れる食品を取捨選択すれば、1か月も経たないうちに健康効果を実感できるはずだ。しかしそこには落とし穴もある。

「食材だけでなく調理法の選び方にも気を配ってほしい。せっかく体にいい食品をメインにしても、バターや油まみれにしてしまったら元も子もありません。たとえばサラダにドレッシングやマヨネーズをかけたうえに塩をふる人もいますが、明らかに塩分や油分の摂りすぎです。蒸し料理や無水調理など食品の効能を打ち消さない料理法を取り入れて」(福田さん)

 食品そのものも、選び方によっては健康になるどころか害がおよぶケースもある。

「ハムやベーコンといった加工肉は過剰摂取による大腸がんのリスク上昇が指摘されているため、摂取量はできるだけ減らすことが大事です。体にいいとされている魚でも、水分を飛ばし塩漬けにした干ものは塩分やプリン体の量が多い。また、まぐろやかつおなどの大型魚には水銀が含まれているため、食べすぎには要注意。

 野球で全員が四番打者では成り立たないように、そもそもどんな食品もそればかりに偏ると病気のリスクにつながります。多彩な食品を組み合わせることが大切です」(佐々木さん)

 金丸さんはランクインしたメニューからたんぱく源と野菜を組み合わせてメニューを考えることを提案する。

「たんぱく源として納豆、卵、いわし、豚肉、鶏胸肉、さばなどをピックアップし、そこにトマト、キャベツ、ブロッコリー、玉ねぎなどの野菜類をランダムに組み合わせて、1週間のメニューを考えてみては。バナナやヨーグルト、緑茶などは嗜好品としておやつの時間に入れるといいです」(金丸さん)

 あなたのその一口が、未来を変えるかもしれない──。

※女性セブン2022年1月6・13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン