芸能

吉田拓郎が明かすKinKi Kidsとの関係「何もかもが2人との出会いで変わった」

早く見つけることが大切(時事通信フォト)

親友、KinKi Kidsとの秘話を明かした吉田(時事通信フォト)

「ぼくはKinKi Kidsを愛して、年の差を考えずに親友と語るようになるには、いきさつがあったんです」。吉田拓郎(75才)は自身のラジオ番組で2人との関係性をこう切り出すと、知られざるエピソードを次々と披露した。吉田が語った26年目の真実──。

 東京ドームの広いステージ上にセッティングされたのは、たった1台のグランドピアノ。KinKi Kids(以下、キンキ)の堂本光一(43才)と堂本剛(42才)が登場し、ピアノの旋律に歌声を乗せてハーモニーを奏で始める。

 曲目は、特別な一年の幕開けにふさわしい『新しい時代』。2022年1月1日、今年25周年を迎えるキンキの元日コンサート『KinKi Kids Concert 2022』が幕を開けた瞬間だった。

 コロナ禍でのコンサートのため、観客は「着席・歓声なし」での開催となった。静まり返った会場、ピアノのみという伴奏が、2人の歌声を際立たせた。澄み切った歌声がドームいっぱいに響き渡ると、自然と涙を浮かべるファンも少なくなかった。開催にこぎつけた光一と剛の心情に思いを馳せ、感極まったのかもしれない。

「昨年の11月19日にコンサートの開催が発表されたのですが、その日の夜に光一さんが有料ブログに開催の経緯をアップしました。そこには、キンキの元日コンサートはコロナの影響もあって厳しいといわれていたのに、12月30日に『ジャニーズフェスティバル』が開催されると聞いて、疑問に感じたこと。それならばキンキもと、光一さんの提案で元日コンサートが決定したことが記されていました。

 光一さんは心待ちにしてくれているファンのためにも、元日コンサートを実施したかった。ファンとしては、その気持ちがうれしかったのです」(芸能リポーター)

 開催が決まってからも、乗り越えなくてはならないハードルはいくつもあった。

 準備期間があまりにも少なく、新たなセットは作れない。そのため、30日開催のジャニフェス、31日のジャニーズカウントダウンコンサートのセットが流用された。そんななかでも、光一はサプライズを用意していた。

 コンサートが終盤に差し掛かったときだった。突然、巨大スクリーンが開いてオーケストラが現れ、11曲目の『Topaz Love』の伴奏が始まった。

 重厚なオーケストラをバックに歌い終えると、2人は声を揃え「2022年もよろしく」「本日は本当にありがとうございました」と挨拶した。そして「最後はこの曲で」と、再びオーケストラの演奏に乗せて『硝子の少年』を歌い上げたのだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

性加害報道のあった木下ほうか(前所属事務所のホームページより。現在は削除済み)
【LINE全文】木下ほうかが取り下げた性加害報道裁判「ヤダヤダって何度も言ってるのに無理矢理そのまま入れようと」「直接会って謝りたいです」 事件直後のやりとり34通
NEWSポストセブン
逮捕されたガーシー容疑者(写真/共同通信社)
ガーシー容疑者、連行時の“不敵の笑み”はダークヒーローキャラを保つため?“暴露系”復活の可能性はあるか
NEWSポストセブン
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
女性セブン
リナ・ローズ氏と高級スクール
「トラブルで辞める人多数」元保護者が激白する麻布の高級スクールへの違和感 本部あるビバリーヒルズ住所を調べた結果
NEWSポストセブン
御成婚30年を迎えるおふたり(写真/共同通信社)
御成婚30年の天皇皇后両陛下 喜びや悲しみを分かち合ってきた「愛と絆の歩み」
週刊ポスト
逮捕されたガーシー容疑者(写真/共同通信社)
【青Tシャツで逮捕】ガーシー容疑者、逮捕を誰より心配していた”オカンへの愛“と深い親子関係「産んでくれておおきに!」
NEWSポストセブン
「三振の求め方」は異なると江川卓は語る
【江夏豊×江川卓対談】剛腕で鳴らした2人が貫いた美学「江川は空振り、俺は見逃しで三振を取りたい」
週刊ポスト
ファンに向けて「無事」を讃えていたガーシー容疑者
《逮捕へ》ガーシー容疑者がオンラインサロン停止直前に会員に語っていた「壮大な夢」
NEWSポストセブン
羽生
羽生結弦、あふれる地元愛 仙台市内のマンション最上階2部屋を2億円で購入 父の退職を機に家族で転居
女性セブン
2017年「侍ジャパン」の新ユニフォームを披露した筒香(時事通信フォト)
《元侍ジャパン主砲》筒香嘉智、現在の姿に衝撃走る かつては「牛のように食べる子供だった」男が激痩せする理由
NEWSポストセブン
猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている
市川猿之助が“遺書”で宛てた付き人兼俳優 騒動後も平然と明治座に現れる姿に「恐ろしく精神の強い人」の声
女性セブン
2010年、外国人記者クラブで会見するリナ氏。当時はプラダジャパンで部長を務めていた(写真/AFP=時事)
「ピンクの猫好きプリンセス」返金トラブルの高級スクール創立者、家賃滞納の裏で「ビバリーヒルズ移転」「16歳の息子に代表交代」
NEWSポストセブン