芸能

黒木華、清原果耶、松本潤 2022冬ドラマで評価を高めるのは誰か

黒木華の笑顔にも注目が集まった

演技力には定評がある黒木華

 いよいよドラマのほうでも新たなクールが始まる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 テレビでは正月番組がほぼ消滅しドラマ全話再放送も目立った年初。1月3日、まだお屠蘇気分の中で早くも再開された連続ドラマが、NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』です。

 正体不明ゆえに「宇宙人」という仇名が付けられていた男が、実は人気トランペッターと判明。物語はギアを上げて展開していく勢い。そう、何と言っても新年早々、視聴者の視線を集めたのはトランペッター役として登場したオダギリジョーです。

 身長はすらりと高くまさに正統派二枚目。リーゼント風の髪型でトランペットを吹く横顔を、惚れ惚れと見とれた視聴者も多いはず。しかしどこか脱力していてトホホな感じを持ち合わせているのがオダギリさん特有の魅力でしょう。役者としての色気やケレン味もあって視線を惹き付ける力はバツグン。不思議な魅力をまとったオダギリさんが今年も大暴れしてくれそうな気配です。

 さて、民放の冬ドラマも続々とスタートするこの時期。まず、主役に期待したいドラマが1月6日にスタートした 『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系午後10時)。黒木華さんがフジテレビ系ドラマ初主演の注目作、しかも演じる役がニュースサイトの編集者とは。

 物語は……月間5000万PVという目標を達成すべく「ゴシップで攻める」戦略を立てるネット編集者・凛々子(黒木華)の格闘ぶりを描く。完全オリジナルの社会派“風”お仕事ドラマとはいえ、業界事情を多少肌で感じている当方としては、いかに細部まで面白くリアルに描けるのかとハラハラしながら見守っています。

 ストーリー展開もさることながら、黒木華という役者の力がどう発揮されるのかが最大の注目点。黒木さんは、タイプは違えどオダジョーに匹敵するような不思議な魅力を纏っている。いわゆる美形というより個性派、しかしだからといって「これ」という強いイメージはなく、ふんわりほんわか。それが強みかもしれません。どんな人にでもなれてしまう黒木さんに良い意味での「余白」を感じます。

 例えば2016年放送の『重版出来!』(TBS系)では出版社の新人漫画編集者として突撃系を、2019年放送の『凪のお暇』(TBS系)では脱力ヒッピー風の自由人を演じて味わい深かった。一方で2021年の『イチケイのカラス』(フジテレビ系)では東大法学部出身で将来を約束されたエリート裁判官と、それぞれのドラマでさまざまな役柄を演じ、いずれも好評を博してきました。

 黒木さんは強い押し出しがないかわりに、相手の求めるものを受け取る力、良い意味での余裕を感じさせる役者。さまざまな人物に変身できるからこそ、時代にピタリ合わせていくことが可能なのかもしれません。今回はネットニュースの編集者というまさに時代のど真ん中にいる、ちょっとクセのある職業人。いかに面白い人物を描いてくれるのか、期待はふくらみます。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン