• TOP
  • 国内
  • 繁華街で逆ナンされた女子2人組に「2軒目のバー」ですすめられたもの

国内

2022.01.10 16:00  NEWSポストセブン

繁華街で逆ナンされた女子2人組に「2軒目のバー」ですすめられたもの

「絶対に割り勘にする」と言う逆ナン女子に連れて行かれた二軒目ですすめられたものは(イメージ)

逆ナン女子に連れて行かれた2軒目ですすめられたものは(イメージ)

 2020年の犯罪情勢をまとめた2021年版犯罪白書によると、刑法犯認知件数は前年比で約18%減少したものの、インターネットなどを使った詐欺の検挙件数は前年より32.8%増加した。であればSNSなどのやりとりに注意を向けていればよいだけなのかというと、自粛生活から解放され、リアル世界に出てきた人々の気の緩みにつけこむ人たちもいる。ライターの森鷹久氏が、街角での逆ナンパを利用した投資などへの勧誘手口についてレポートする。

 * * *
 東京・新宿区の繁華街──。

 コロナ感染者数が激減したこと、さらに年末だったことも手伝い、街にはかなり多くの人出が確認できた。その中でも「彼女たち」の行動は、一際目立っていた。若い女性に人気の、すぐ近くの駅ビルに入っているショップの紙袋を下げ、タイツにフリルのついたミニスカートという出立ち。派手すぎず地味すぎず、しかし男の目を引く魅力がある、という事実だけでなく、それ以上に興味を引いたのは、その若い2人の女性が次々に男性を「逆ナン」している、すなわち女性から道行く男性に声をかけていたことだった。

「いや……急に声かけられて、居酒屋知らないかって。ライン交換しましょうと言われて交換しましたけど……。これって、まさか……美人局じゃないでしょうね?」

 ナンパといえば男性が女性に声をかけるのが相場で、逆ナンは話には聞いても体験したことがない人の方が多いだろう。そして、大半の男性は逆ナンされるのは誰が見ても魅力的な男性であって、普通の男である自分は対象外だろうと無意識に理解しているものだ。だから突然、かわいい女性から逆ナンされて、その気になり関係を結びそうになると、女性が怖い彼氏と共謀して自分を恐喝する「美人局」のターゲットにされたのではないかと不安に思ったのだろう。

 筆者が声をかけたときに素直に恐れる気持ちを打ち明けてくれた男性は、冒頭で紹介した不自然な2人の女性から逆ナンされた都内在住の会社員・中村正太さん(仮名・20代)。女性が立ち去った後すぐに声をかけたため、筆者自身が美人局でいうところの「恐喝役」だと勘違いした。しかし、これは美人局ではなく、若い女性2人による「マルチ商法」もしくは「マルチまがい商法」への勧誘なのだ。

 女性らは中村さんに声をかけたあとも、スマホを片手に周辺を彷徨っていた。彼女たちが声をかけるのは一人きりの男性のみ。新宿といえば、最先端のファッションに身を包んだ若者や、ホストやキャバクラ嬢など水商売系の人々も多く目にするが、そういった人種は避け、落ち着いた見た目の人ばかりに声かけをしていた。いや、中村さんには悪いが、はっきりいえば、地味でいかにも女性に縁遠そうな一人きりの男性ばかりだ。女性2人が別の男性に声をかけている様子を遠目で眺め、中村さんはため息をついた。

「最初、このあたりで美味しい居酒屋を知らないか、と聞かれました。かわいい子だったから、新宿は疎いけどスマホで調べてあげたんです。すると今度は『よかったら一緒に行かないか』となって。この後、大学のゼミの先生と食事会だったんですが、それがなければ確実についていきましたよ。逆ナン? 人生で初ですよ、この話を聞かなかったら幸せなままだったのに……」(中村さん)

関連記事

トピックス