芸能

『ザ・ベストテン』最高視聴率回で1位、イモ欽トリオが当時を振り返る

西山

「1位になれたことが誇らしかった」と語った西山浩司

 長江の願いがかなったのはその翌週の10月1日放送回。松田聖子ファンの長江が聖子の横で歌を熱唱し、聖子と2ショットに収まり、その写真をプリントした下敷きが作られた。翌々週(10月8日放送回)には「聖子ちゃんと○○したい」という3択問題から長江が「料理」を選び、1曲歌う間にオムレツを聖子が調理し、3人にごちそうしている。

 いずれも斬新な演出にこだわった『ザ・ベストテン』らしい遊び心が感じられた。芸能ジャーナリストの渡邉裕二さんが言う。

「番組開始当初16%そこそこだった視聴率が急上昇するきっかけとなったのは、1978年11月に『季節の中で』でテレビ初出演した松山千春(66才)です。あのとき、彼が長くしゃべったせいで、後に控えていた山口百恵が歌えなくなりましたが、ぶっつけ本番、何が起こるかわからない面白さが視聴率を跳ね上げたのです」

 スポンサーに阿ったタイアップ風の番組や自局の番組宣伝に絡んだゲストばかり出てくる番組はもう見たくない。『ザ・ベストテン』のような放送を視聴者は望んでいる。

イモ欽トリオの3人が見た『ザ・ベストテン』

 神回で1位に輝いたイモ欽トリオの3人に、『ザ・ベストテン』への思い出を振り返ってもらった。

●山口良一
「当時は、小劇場の下っ端劇団員だったので、歌番組自体がもう場違いな感じでしたね。ほかにも歌番組はありましたけど、『ザ・ベストテン』は重厚というか、格式を感じました。そんな番組で、ぼくたちは8週連続1位。出るのは当然いちばん最後で、出て歌ったら終わり。そもそも素人でしたから、スターをもっと間近で見たかった。そこがちょっと残念でした(笑い)」

◇1979年、劇団東京ヴォードヴィルショー入団。『欽ドン!』のヨシオ役でブレーク。現在は舞台を中心に、『噂の!東京マガジン』(TBS系)などにも出演。

●西山浩司
「ぼくは当時20才。ほかの2人と違って、13才の頃から『スター誕生!』に出演してアイドルをいっぱい見てきました。だから、スターに会えてうれしいという気持ちはなく、1位になれたことが誇らしかった。番組の魅力は、ただ歌うのではなく、1曲ごとにセットや演出が工夫されていたこと。そこに久米さんと黒柳さんのトークがマッチして、生のスピード感がありました」

◇『スター誕生!』(日本テレビ系)に出演後、萩本欽一に弟子入り。『欽ドン!』ではワルオ役を担当。現在は芸能活動の傍ら、「小料理Bar皆月」を経営。

●長江健次
「ぼくは当時高校2年生。番組には松田聖子ちゃんや田原俊彦さんなど大スターが出ていて、変な話、ポッと出の歌手はぼくたちくらい(笑い)。それでも、最高視聴率の回で1位になれて。普通だったら、かかわりたくてもかかわれない人がほとんどなのに、たまたまぼくたちが歌わせてもらっただけなのに。そういう意味ではすごいことをしたんだなと、いまでも思います」

◇『欽ドン!』のフツオ役でデビュー。現在は音楽活動やラジオを中心に活躍。イモ欽トリオも出演するライブ『長江健次café vol.9』を、兵庫と東京で1月15〜23日開催。

取材・文/北武司

※女性セブン2022年1月20・27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン