芸能

『ザ・ベストテン』最高視聴率回で1位、イモ欽トリオが当時を振り返る

山口

イモ欽トリオの「ヨシオ」こと山口良一が『ザ・ベストテン』を振り返る

 伝説的な音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)。毎週ヒット曲をランク付けし、10位から1位までを紹介、そのなかの何組かが歌を披露するという生放送番組だ。視聴率41.9%という番組史上最高記録をマークした、1981年9月17日放送回はファンの間で「神回」と呼ばれているという。今回、そんな「神回」を文字で再現。1位を獲得したのはイモ欽トリオの『ハイスクールララバイ』だった。【全3回の第3回】

 * * *
 イモ欽トリオはバラエティー番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子』(フジテレビ系)から生まれた3人ユニット。初シングル『ハイスクールララバイ』は初登場で2位(1981年9月3日放送)。翌週1位に躍進。その翌週も連続1位で、3人揃っての初スタジオ生出演となった。

 この2週連続1位を祝して、番組は3本のチャンピオンベルトを用意した。力道山の日本ヘビー級チャンピオンベルト、アジアヘビー級チャンピオンベルト、鉄人ルー・テーズから奪取したチャンピオンベルトの3本で、プロレス好きな山口良一(66才)に渡され、それを腰に巻いた山口はご満悦。黒柳徹子がイモ欽トリオの3人に話しかける。

──力道山の本物のチャンピオンベルトを巻いた気分は?
「なんだか夢のようで、ルー・テーズに勝った気分」(山口)

──(西山を見ながら)来週も1位だったら何がしたい?
「出身地の四国・高松で歌いたいです」(西山浩司、60才)

──再来週も1位だったら?「聖子ちゃんに横で見ていてほしい」(長江健次、57才)

 その間、スタジオには特設リングが用意された。

「では歌っていただきましょう。本日のメインイベント。3分間勝負。イモ欽ファイヤー~!」と久米宏がリングアナウンス風にコール。そして、リング上で長江が歌い、山口と西山がエア演奏とコミカルな動きで花を添える。

 そして彼らが歌い終えるや否や、ソファ席に全員集合。番組恒例の記念撮影が始まった。黒柳が「長野の堀江さーん」と中継先にも声をかけ、石川ひとみが青春寸劇風の口調で「さぁ、みんな。写すわよ」と声をかけてパシャ! こうして音楽番組史上最高視聴率を達成した神回は、最後までにぎやかなまま終了した。

『ハイスクールララバイ』は、その後、8週連続第1位を達成。西山や長江の願いも次々かなえられることとなった。

 西山の願いがかなえられたのは、1981年9月24日放送回。

「故郷に錦を飾るんではなくて、故郷の錦に来てもらいましょう」という久米の謎めいた言葉とともに、西山が過ごした地元・香川県高松市の実家付近の映像が流れた。するといきなりスタジオに、西山の小学生時代の初恋の人が大きなシャコ貝に乗って登場。8年ぶりのサプライズ再会を果たすこととなった。

関連キーワード

関連記事

トピックス