スポーツ

今場所注目“横綱の孫”王鵬&琴ノ若「3代続けて幕内力士」の実力

元横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の三男である王鵬(写真/JMPA)

元横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の三男である王鵬(写真/JMPA)

 元大関・貴ノ花を父に持つ“若貴兄弟”が横綱となり、元関脇・栃東の次男が元大関・栃東(現・玉ノ井親方)、元関脇・鶴ケ嶺の息子が井筒3兄弟(鶴嶺山、逆鉾、寺尾)など、親子力士は珍しくない。ただ、「3代続けての幕内力士」は2例のみ。それが、今年の初場所注目の2人の“横綱の孫”である。

 優勝32回を誇る元横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の三男である21歳の王鵬(前頭18)と、元横綱・琴桜の孫で元関脇・琴ノ若の長男である24歳の二代目琴ノ若(前頭14)だ。王鵬は新入幕だが、関係者の期待は大きい。

「祖父・大鵬は新入幕の1960年初場所で初日から11連勝を飾り、12勝3敗で敢闘賞を受賞。新入幕から6場所で初優勝した。その姿と重ね合わせる関係者は少なくない」(相撲ジャーナリスト)

 ただ、大鵬が得意とする左四つに組み止める相撲だけでなく、押し相撲や右四つも取れるオールラウンダーだったのに対し、王鵬は突き押しに偏る。「横綱を目指すにはもっと四つ相撲を覚える必要がある」(若手親方)という声も聞こえる。

 一方の琴ノ若には“祖父と父のいいとこ取り”と評価する声が。

「祖父・琴桜は“猛牛”のあだ名の通り、大きな体で頭から激しく当たってそのまま左のど輪で一気に押す相撲が主だった。強烈なぶちかましは稽古場で相手から嫌がられたほど。父の琴ノ若は192cmの長身で立ち合いの突っ張りから右四つに食い止め、左からの上手投げで仕留めるスケールの大きな相撲だった。二代目琴ノ若も188cmと恵まれた体格で、父と同じく右四つに組み止めて上手投げや寄り切る相撲が得意なうえに、長いリーチで祖父のような突き押しもできる」

 王鵬と琴ノ若は同じ埼玉栄高校出身だ。

「2人とも高校の先輩の大関・貴景勝を尊敬しているが、王鵬が貴景勝と同じ押し相撲を志向するのに対し、琴ノ若は寄り切れる技術もある。貴景勝も大関で足踏みしているから、横綱を目指すには琴ノ若のほうが近いのでは」(担当記者)

 21歳3か月で横綱に昇進した大鵬と違い、琴桜の昇進は32歳と遅咲きだったが、孫の代ではそれが逆転するかもしれない。

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン