国内

コロナの女王・岡田晴恵氏がオミクロン株を解説「3密回避だけでは通用しない」

感染症対策の情報を発信している岡田晴恵・白鴎大教授

感染症対策の情報を発信している岡田晴恵・白鴎大教授

 ついに日本にも新型コロナウイルスの「第6波」が襲来した。急拡大するオミクロン株とはいったい何なのか。「コロナの女王」岡田晴恵・白鴎大教授が、オミクロン株に関するさまざまな疑問に答える。【全4回の第1回】

 * * *
Q. これまでの新型コロナと比べて重症化しない?

A. オミクロン株の場合、肺で増えるよりも、鼻や喉といった上気道で炎症を起こしやすいため、肺炎にはなりにくいのではないかという報告はあります。ただ、これは肺炎にならないと言っているわけではありません。肺炎になるリスクは低くなったのではないかということは推測されますが、感染力が強いために同時期に多くの感染者が出ることになります。WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は1月6日、デルタ株に比べて症状は重症化しない模様としつつも、オミクロン株を「軽度」に分類すべきではないとしています。

Q. オミクロン株の感染力はなぜ強い?

A. いくつかの研究データで、オミクロン株は主に喉や気管支の上気道で増えやすいとあります。そのためウイルスを外に出しやすく、さらにレプリケーション(複製)、つまりウイルスが増える速度も速いという特徴がある。そのため感染力は強いと言えます。

Q. 高齢者も軽症で済む?

A. まだ高齢者への影響についてはデータが少ないため、若年層を中心に重症化リスクが低い可能性は言われていますが、高齢者の割合が少ない海外のデータをもって、高齢化社会の日本の状況は計れないと思います。感染者の分母が莫大になれば、高齢者や基礎疾患を持つ人もいるため、重症になる人も出てくるはずです。

Q. オミクロン株は子供の感染が増える?

A. アメリカでは1月に17歳までの新規入院患者数が前週から倍増し、過去最高を更新しています。これまで子供に関しては新型コロナの重症化リスクは低いとされていましたが、オミクロン株に関しては今までの常識とは違うという認識をしなければなりません。

Q. これまでの感染対策でいい?

A. いわゆる「3密」(密集、密接、密閉)の回避だけでは通用しません。コロナ禍初期は、感染経路は接触感染と飛沫感染とされ、エアロゾル(空気中に漂う微粒子)感染と言うとすごく怒られましたがその後、エアロゾル感染が認められました。オミクロン株ではそのエアロゾル感染で「3密」でなくてもうつる可能性がある。まずは換気です。特に今は寒くても換気をよくする。プラス加湿です。不織布マスクを二重にしたらという声もあります。

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン