ライフ

水島新司さんが作品に「野球ができないキャラ」を入れていた理由

人柄も鷹揚だった水島新司氏(時事通信)

人柄も鷹揚だった水島新司氏(時事通信)

「グワァラゴワガキーン」という岩鬼の打球音、「ブフォ」というあぶさんの酒しぶきといった擬音語が、実際の音のように脳裏に木霊する……。高校野球漫画の金字塔『ドカベン』をはじめ、『あぶさん』、『男どアホウ甲子園』、『野球狂の詩』など数々の名作野球漫画を生み出した漫画家の水島新司氏(以下敬称略)が1月10日に肺炎のため東京都内の病院にて82歳で亡くなった。

 漫画を通じて少年たちに野球の素晴らしさを伝えてきた水島の死去は、野球界のみならず芸能、政界と幅広い層から悲しみのコメントが寄せられるほど。世代を超えて水島漫画を見て育った人は数知れずだ。

 水島野球漫画の人気の秘密は、なんと言っても脇に控える多士済済のライバルたちと死闘を繰り広げる主人公のキャラクターにある。主要キャラのほとんどは、水島の生い立ちが投影されていると言っても過言ではない。

 新潟市で生まれた水島の生家は鮮魚店を営んでいたが、父親の借金がかさみ、高校進学を断念するほど困窮していた。18歳で大阪に出て漫画家を目指したのには、父親の借金を返済する目的もあった。壮絶な人生を歩んできた水島は、念願だった高校野球をやることもできなかったが、父親に対して恨みごとのひとつも言わなかった。

 そんな父親に重ね合わせたのが、『ドカベン』の岩鬼正美と言われている。トリックスターとも云うべき特異なキャラクターで、いつも葉っぱを咥えて学制帽を被って自分を高らかに賛美しまくる豪放磊落な姿は父親をモチーフにしたものでもあり、そんな岩鬼を水島は大好きだったのだ。

 野球ができなかった水島にまつわるこんな逸話がある。中学卒業後、丁稚奉公に出ていた水島は仕事の帰り道の土手で、ある高校の野球部の練習を毎日見ていた。ある日、野球部の監督が水島を呼び止め、ノックでも受けないかと誘い、水島はノックを受け見事にさばいた。監督は部員を集めて言った。

「いつも見ているだけの水島くんがこれだけ出来るのだから、お前らももっと頑張れ」

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン