芸能

氷川きよしが活動休止 ジェンダーを超えて自分らしく変わるために必要な決断か

20周年コンサートでは純白ドレス姿に

20周年コンサートでは純白ドレス姿に

 映画とは、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの人生を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』。アカデミー賞で4冠を達成した大ヒット作だ。

「フレディは同性愛者であることに葛藤しながら、音楽の世界で頂点に立ちました。45才の若さで亡くなりますが、その姿が多くの観客の心を打ち、ヒットにつながったのです。クイーンの曲を日本語に訳して日本人が歌うというのは、権利的にもかなりハードルが高いはずです。しかし、湯川さんの丁寧なプレゼンに加え、氷川さんが歌うということもあって、クイーン側も許可したのです」(前出・レコード会社関係者)

「きよしくんは卒業した」と公言し、自身に「kiina」というニックネームを付けるようになったのもこの頃だ。

「それまでも、歌手・氷川きよしとプライベートの自分は別人格だと口にすることはありました。それでも、演歌のテーマは男の生き様であることが多く、歌い手としてその歌の主人公になりきろうとしてきました。しかし努力する一方で歌手・氷川きよしと本来の自分との乖離に違和感が大きくなっていったようです。

 一度マイクを置くと、ファッションやメイク、料理や園芸が好きな本来の自分に戻るというように、切り替えていたようですが、歌でこそ、自由に本当の思いの丈を伝えたいという気持ちとの間で葛藤が生まれていたようです」(前出・氷川の知人)

 その頃、雑誌のインタビューで「男らしく生きて欲しいと言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて」と赤裸々な心情を語っている。さらに今後について、「今までの苦難も含めて全部をさらけ出し、歌にのせて表現することで、こんな私でもここまで頑張って生きてこられたんだ。そう伝えるのが歌手としての使命。人生の後半は、それを表現していく生き方になる」とも明かした。

「男らしさ」「女らしさ」を、本人の気持ちをないがしろにして求めることは、人権を守る上で、厳に慎むべきことであるのは現代社会の当然のルールだ。だがその昔は、平気で固定化された性差の観念を押しつける風潮も存在した。

 次第に、性の多様性を認めることの重要さが社会全体に浸透してきたことで、氷川も「ジェンダーを超える自分らしさ」を表現しやすくなったのかもしれない。誰もがジェンダーで悩むことなく、ありのままで生きられる社会は、氷川が「歌手としての使命」と言う通り、実現されなければならない。

 その頃は、仕事現場でも、明るい表情を見せることが多くなっていった。それでも、氷川は「歌手」を休止する決断をした。彼の歌声を聞ける日はいつになるのか──。

※女性セブン2022年2月10日号

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン