芸能

氷川きよしが活動休止 ジェンダーを超えて自分らしく変わるために必要な決断か

氷川きよしが活動休止し新たな動きを見せている

氷川きよしが活動休止を決断

 氷川きよし(44才)を追っかけ続けてきたファンにとって、その発表はショックだけでなく、大いに違和感を抱かせるものだった。1月21日、氷川が所属事務所及び、レコード会社の公式ホームページで、今年いっぱいをもって歌手活動を休止することを突然発表した。

 理由は《自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向》だが、具体性に欠け、休止期間も明確にされていない。これから年末までに行われるライブなどを通じて、本人からメッセージが出されるというが、なぜそのような重大な決断の発表に、本人コメントさえ出さず、事務所に任せきりにしたのか。

 そして、そもそも、なぜ休止しなければならないのか。この数年の氷川の姿は、「自分らしさを表現できている」という充実感で満ちていたように見えていた。だからこそ、突然の活動休止には違和感が拭えない。

「氷川さんは3年前の2019年にデビュー20周年を迎えました。それまでは、“自分を育ててくれた事務所に恩返しをしたい”とがむしゃらに走ってきた。プライベートの自分と、ステージ上やカメラの前に立つ『演歌歌手の氷川きよし』に、大きな隔たりがあることを感じながらも、がまんを重ねてきたようです。

 しかし、20周年を迎えたとき、ホッと胸をなで下ろしたのでしょう。これで、事務所にもファンにも恩返しができたのではないかと。だからこそ、これからは“自分らしく、ありのままに生きる”と決意し、その後はその言葉を繰り返し公言してきました」(レコード会社関係者)

 20周年記念シングルの発売記念イベントでは、氷川自身、こう語っている。

「自分のなかで20年間やったなと。“氷川きよし業”を務めて、“氷川きよし”という作品を作ってきた」
「これからはアーティストとして、なりたい自分になることが自分の人生。ますます自分らしく、自分に素直に」

 氷川にとっての“ありのまま”とは、同年11月に開設されたインスタグラムで表現される姿を筆頭に、その後のステージやテレビ番組などでの振る舞いを見れば、自ずと知れるだろう。化粧、アイメイク、スカート、網タイツ、ウエディングドレスのような純白ドレス、「あたし」と自分を呼称し、愛称は「きよし」から「きーちゃん」へ──。

 氷川本人は2019年の雑誌グラビアで、素肌に紫の羽をまとってアンニュイな表情を浮かべる姿を披露したことについて、「『ジェンダーを超えた自分らしさ』を特集してほしいと思っていたので、その夢が叶った」と喜んだ。

「氷川さんにとって、自分らしさと、“ジェンダー(性差)を超えること”は切り離せないのです。『年齢や性別は関係ない美しさを追求したい』とも常々語っています。20周年以降は“ありのまま”を実践して、とても充実しているように見えました」(前出・レコード会社関係者)

 それなのに、突然の活動休止宣言。期限を区切らない活動休止は、音楽業界では「事実上の引退ではないか」とも囁かれる。自分らしさを解放した矢先の、彼のなかで起きた重大な変化とは何か──氷川の知人でプライベートでも親交のある人物がこんな話をする。

「最近きれいになったと評判の通り、氷川の外見はここ数年で大きく変わってきました。1年ちょっと前、彼はある芸能界の先輩に相談を持ちかけたんです。“もっと自分らしくなるために、容姿だけでなく、どんどん変えていきたいんです”と気持ちを明かした。もっと美しく、男とか女とかにとらわれない自分らしさに磨きをかけたいということでした。

 ただ、その先輩は“まずは親からもらった体を大事にした方がいい”と伝えたそうです。氷川自身は納得のいかない様子でした。今回の活動休止は、彼が性別をも超えて自分らしく変わるために必要な決断なのではないかと思います」

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン