芸能

菅田将暉の両親が明かす子育て秘話「彼の金銭感覚を育んだもの」

活躍が続く菅田

活躍が続く菅田

 ドラマに映画と、今年も芸能界の中心で活躍する菅田将暉(28)。そんな菅田の母親・好身(よしみ)さんが、昨年11月、一家の素顔や子育てについて明かしたエッセイ『3兄弟のあしあと』(辰巳出版)を出版した。菅田を含む個性豊かな3兄弟をいかにして育てたか、母親と父親の役割、子育ての試練やその対処法などを母親の目線で解説した一冊だ。

同書の出版を記念して、家族から見た菅田の素顔や兄弟の関係について、好身さんと父親の菅生新(あらた)さんがインタビューに応じた。(前後編の後編。前編は【菅田将暉の両親が初告白 天才役者を育てた「家族の哲学」】

 * * *
新:長男が『仮面ライダー』の出演をきっかけに家を出て、下の2人がいままで以上に仲良くなった部分もあったね。

好身:次男、三男への影響は大きかったです。長男が早くに社会に出て、役者という仕事をするようになって、下の子たちも将来のことをすごく真剣に考えるようになった。2人とも大学に進学したのですが、三男は入りたい塾を自分で選んで、父親にプレゼンまでしましたから。

新:三男はいま大学4年ですが、奨学金を借りています。それで本人は月々1万5000円くらいか、返している。大学はお金がこれくらいかかるから、ちゃんと自分で支払っていくようにって意識を持って欲しかった。小遣いは一銭も渡してないし、食事代なんかも全部バイト代で賄えと。面倒を見るのは住むところだけ。子どもたちもそれが当たり前になってる。小遣いが足らんからとか、飯食いたいからお金くれと言うてきたことは一度もない。ちなみに三男はバイト先でも菅田将暉の弟だということは言っていなくて、でも顔がそっくりなので、「似てますね」ってしょっちゅう言われるらしいんです。そのたびに、「あーそうですか、よく言われるんですよ」ってとぼけてるそう(笑)。

好身:お金がなかったら自分で働かなければいけない、という考えは3人ともしっかり持っていますよね。

新:個人的な考えですけど、家計に余裕があったとしても、子供が大学に行ったら奨学金を借りさせるのはありだと思ってます。僕はコンサルやってるけど、まずは奨学金を借りている奴から採用しろと言ってます。返さなあかん返済があるから、すぐに会社を辞めることはない。最近は会社をすぐ辞める若者が多いけど、それは親がいけない。僕らの世代の親が子供を甘やかして育ててるから、辞めてもいいよ、いつでも戻ってきていいよって。それは違うと思うんです。

好身:そのあたりが分かっているから、うちの子たちは贅沢をまったく求めない。

新:そう。長男はよく「生きるためにお金は必要だけど、お金に執着はしない」って言うんです。そういう風に考えられる子に育ってくれたのは嬉しいね。

好身:あと話は変わりますけど、うちは小さい頃から子どもたちが大人に囲まれて育っていたじゃないですか。主人が主催する企業経営者の勉強会で受付をやったり、色々な経営者の方と挨拶をしたり会話をする。だから大人に対して怖いという意識がなくて、長男からすると、このあたりの体験も仕事に活きたみたいです。

新:ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの時の話ですけど、楽屋にはホンマに顔の綺麗な子ばっかり揃っていてね。でも僕が話しかけると、会話の「か」にもならない。みんな大人と会話ができないんです。年の離れた人と話をする経験がほとんどないんでしょうね。イマドキの子はそれが普通なのかなと、ドキッとした覚えがあります。そんな子がなんぼイケメンで俳優デビューしても、現場で監督やプロデューサーがもういっぺん仕事をしようと思えないでしょう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン