芸能

芸能界コロナ感染者続出でテレビ各局が難航する番組の「代役決め」

松本人志の何がすごいのか?

松本人志

 オミクロン株が猛威を振るい、連日芸能界からも感染者が続出している。タレントが感染すると、感染者だけではなく濃厚接触者も番組への出演が制限されるため、各局が「代役探し」に四苦八苦している。この「代役決め」には、番組ごとに独自のやり方があるという。

 1月21日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、木曜レギュラーのHey! Say! JUMPの伊野尾慧(31)の感染を受け、メインキャスタ―の三宅正治アナ(59)ら7人が出演を見合わせ、同局の佐野瑞樹アナ(50)、久慈暁子アナ(27)ら『めざましどようび』チームが代役を務めた。フジテレビ関係者が言う。

「伊野尾さんは木曜のみのレギュラーのため、翌日の代打を探す必要はありませんでしたが、そもそも朝の情報番組では、コメンテーターなど出演者の欠席には基本的に代役は立てません。しかし局アナが感染や濃厚接触の疑いで出演見合わせになった場合は、今回のように系列番組に出演しているアナウンサーや、以前に出演していたアナウンサーにお願いします」
 
 また、1月20日放送の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)では木曜スタジオレギュラーの5組中4組が代役。さらには1月26日の放送では“代打出演”するはずのお笑い芸人「さらば青春の光」森田哲矢(40)が体調不良で欠席。お笑い芸人「ニューヨーク」の屋敷裕政(35)が急遽、“代打の代打”を務めるという異例の事態となった。

「『ラヴィット!』の場合はひな壇芸人を並べたバラエティー番組の作りなので、どうしても代役が必要となる。これまで代役が必要な場合は、基本的に欠席するタレントと同じ事務所で仲が良かったり、先輩・後輩の関係にあるタレントにお願いしていた。しかし、ここまで感染が拡大した今、代役のスケジュールを抑えることが難しくなっており、特に生放送の場合では選り好みはしていられず、とにかくすぐにでも出演できることが、最優先事項になります。必然的に、人数が多く調整が利きやすい吉本興業にお願いすることが増えている」(番組制作会社スタッフ)

 芸人以外の場合も、大手事務所に依頼するケースが多い。事実、ホリプロ所属のタレント、井上咲楽(22)は1月23日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で「逆にコロナ禍で仕事が増えた」「代打のお仕事が結構多いんですよ。前日の夜とかに『ちょっと明日代打で来られますか?』というふうに来たりとか」と、急な“代打需要”を明かしている。

 だが、例外もあるという。

「松本人志さん(58)が濃厚接触者となり1月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)を欠席することを発表しましたが、松本さんくらい“大物”になるとそれなりの格のタレントにお願いしなければならない。今後は代役を探すよりも『総集編』を入れたりと、番組の構成を変えていく方向に変わっていくのでは」(前出・番組制作スタッフ)

 混乱はしばらく続きそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン