芸能

唐田えりか、長与千種役に浮上 Netflixで配信予定ダンプ松本ドラマで

プロレスラー役を唐田えりかが演じることとなるのか

プロレスラー役を唐田えりかが演じることとなるのか(写真は2020年10月)

「撮影前で配信日も未定。それなのに、こんな形で有名になるとは……ただ、サプライズはほかにもあるんです」──あるドラマ制作関係者が、そううそぶくのは、Netflixで全世界配信が決まったドラマ『極悪女王』のキャスティングについてだ。

 1月31日に『女性自身』の電子版がこのドラマの主演を芸人のゆりやんレトリィバァ(31才)が演じるとし、「ゆりやん ダンプ松本役でドラマ主演内定!激ヤセからの50キロ増量指令には呆然」と報じたところ、インターネット上では「せっかくダイエットして痩せたのに」「役作りを超えている」と批判が殺到。企画・脚本担当の鈴木おさむ氏(49才)が、ツイッターで「なぜ、嘘を書かれて炎上して叩かれなきゃならないのか????」と反論する騒動に発展した。

 今作は、女子プロレスが一大ブームだった1980年代に活躍した悪役(ヒール)レスラーのダンプ松本が主人公。最大のライバルは、正統派(ベビーフェイス)レスラーで大人気だった長与千種&ライオネス飛鳥のタッグチーム「クラッシュギャルズ」となる。この正統派のキャスティングこそサプライズなのだという。

「そのクラッシュギャルズの1人として、あの唐田えりかさん(24才)の名前が挙がっているんですよ」(前出・ドラマ制作関係者)

 2年前の2020年1月に、東出昌大(34才)との不倫が発覚。昨年9月まで、1年半も女優業を休業せざるを得ないほどにバッシングを浴びた、お騒がせ若手女優である。

「昭和女子プロレス界では、屈指の美人レスラーとして人気だった長与選手に、どこか顔立ちも似ていますよ」(前出・ドラマ制作関係者)

 唐田が昨年秋に女優復帰した作品は、ファッションショーで公開されるためのわずか20分の短編映画だった。まだ、世間の目に触れる復帰にまでは至っていない。だが、今後公開される映画に出演予定であるなど、露出情報はポツポツ出始めている。

「一方の東出さんは、1月末で所属事務所を退所すると報じられ、“事実上のクビ”だともいわれていました。唐田さんとの不倫報道後、コロナ禍にもかかわらず新しい恋人を撮影現場に連れ込んで、事務所に大目玉を食らっていましたから。彼に比べると唐田さんは騒動をしっかりと反省し、地に足をつけて復帰への道を歩んでいるように見受けられますね」(芸能関係者)

『極悪女王』の撮影は、この夏から始まる。それまで出演者は、ジムや道場で体作りをすることになるという。

「もしも、唐田さんの出演が決まれば、かつての清純派路線からの脱却となります。女子プロレスラー役として、文字通り体当たりの演技を披露することで、スキャンダルの負のイメージもいくらか払拭できるかもしれません」(前出・ドラマ制作関係者)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン