スポーツ

蛯名正義氏 乗った瞬間「これは走るな!」と実感した名馬を振り返る

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートする。蛯名氏による週刊ポスト連載『エビジョー厩舎』から、フェノーメノ、イスラボニータら、乗ってわかる「いい馬」についてお届けする。

 * * *
 フェノーメノ、イスラボニータはどちらも社台グループの一口クラブの所属馬でGIを勝ってくれました。クラブのパーティーなどで会員さんとお話しする機会があった頃、どんな馬を選べばいいのか訊かれることがありましたが、見て「いい馬」はいっぱいいます(笑)。

 特に社台グループの馬は血統も一流で、見栄えも顔つきもいい。でも募集の時期には、どの馬もまだ人を乗せたことがないわけです。乗ったら「ああ走りそうだな」と感じることがあるんですけど、「いい走りを見せて競馬でいい成績をあげるのがいい馬です」。これぐらいしか言えなくてすみません(笑)。

 ステイゴールド産駒のフェノーメノにはダービートライアルの青葉賞から乗るようになりました。初めて乗った時、キレるというより、長くいい脚を使うタイプだと感じました。

 青葉賞は2着に2馬身半差をつける強い競馬でダービーに向かいました。勝ったことがなかったので(笑)、自信があるかと訊かれると困ったのですが、いい競馬をするとは思っていました。青葉賞より時計を2秒近く詰めましたがハナ差2着。勝ったのは青葉賞の前までこの馬に乗っていた岩田康誠騎手のディープブリランテでした。

 秋はセントライト記念を勝ちますが、菊花賞ではなく天皇賞(秋)に向かってこれもエイシンフラッシュの2着。古馬相手なので立派な成績ですが、いまでも菊花賞に行ったら勝ったんじゃないかなあと思うことがあります。あくまで結果論ですけど、4歳、5歳と天皇賞(春)を連覇するわけですから(笑)。

 折り合いも難しくなくて、ゆったり自分のリズムで走れる馬なので、とても組み立てやすかった。

 僕はどちらかと言えば長い距離の方が好きです。自分の中でいろいろ考えながら、いかにスタミナを残して走り切るかを考えて乗ることができる。相手の流れやペースを見て自分から動くこともできるし、前半で位置取りなどを失敗しても挽回できる。自分では自覚していませんでしたが、トータルでも長い距離の方が結果を出しているみたいです。その割には長距離の騎乗依頼が少ないなと思いましたけど(笑)。

 フジキセキ産駒のイスラボニータにはデビュー戦から乗りました。乗った瞬間の印象は強烈で「ああ、これは走るな!」。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト