スポーツ

羽生結弦が貫く“スケート・ファースト” 怒りや悲しみはスケートに昇華

悪戦苦闘した3月の世界フィギュアでの映像に羽生の寛大対応

これまでのスケートにすべてをかけて生きてきた(写真/ゲッティイメージズ)

 日本が、そして世界が注目する戦いがいよいよスタートする。男子フィギュアスケートで羽生結弦(27才)が3連覇に挑むが、ここに至るまでには幾多の困難が立ちはだかった。羽生の人生におけるターニングポイントはどこだったのか。(全5回の第4回)

 誰よりもきめ細かい心を持つ羽生の、スケート人生を変えた出来事がある。2011年の東日本大震災だ。震災発生当時、羽生は仙台のスケート場で練習に励んでいた。足元の氷が大きく揺れ、リンク横の壁が崩壊するなか、四つん這いでその場から逃げ出した。一家は避難所での生活を余儀なくされ、1つのおにぎりを家族で分け合った。倒壊したリンクは閉鎖され、それまでの日常を失った羽生はスケートをやめることも考えた。

《もうスケートはいいんだ、と思いました。『こんな地震が起きちゃったんだし、僕はもうしょうがない。こんな苦しい思いをしたうえに、スケートで苦しい戦いなんて、もうしなくていいよ。普通の高校生になって、普通に生活したいよ』ってすごく思った》(『蒼い炎』より)

 だが、羽生をよみがえらせたのもまた、スケートだった。震災復興支援のチャリティーアイスショーの出演依頼を受けた羽生は、「リンクに立って、皆さんに滑りを見てもらうことで被災地の復興を支援したい」と参加を決める。都築章一郎コーチを頼りに、母親とともに神奈川・横浜にあるスケートリンクに泊まりがけで通って練習に励み、全国各地で行われた約60回に及ぶアイスショーに出演した。

 ハードスケジュールで体力が持たず、ベストを出し切れなかったこともある。しかし、ひとりでリンクに出て、声援を浴びると、「どんなことがあっても滑り続けたい」という気持ちが湧いたという。

 全国行脚中、あるアイスショーで、羽生は珍しくミスをした。すると演技終了後、羽生は舞台裏でうずくまり、何事かをブツブツとつぶやいた。その顔には自分への怒りがにじみ、肩は震えていた。その日のフィナーレで再び出番が回ってきた際、羽生は当時まだ完全に自分のモノにしていなかった4回転トーループに果敢に挑み、見事に成功させた。ソチ五輪ペア日本代表で、大会やアイスショーの遠征で羽生と行動していた高橋成美さん(30才)はいう。

「ゆづはいつも、疲れていてもけがをしていても、本番はビシッと決めてくるんです。だから、“ゆづでも失敗するんだなあ”と意外でした。もちろん誰も責めたりなんかしないのに、ひとりでうずくまって悲しんでいて。その怒りや悲しみのエネルギーを意味のない方向ではなく、スケートにぶつけて昇華させるところはすごい」(高橋さん)

 被災体験を経て、フィギュアスケーターとして心身ともに成長した羽生は2012年に練習拠点をカナダ・トロントの「クリケットクラブ」に移す。バンクーバー五輪金メダリストのキム・ヨナ元選手も育てたブライアン・オーサーコーチに師事した。迎えた2014年2月のソチ五輪。羽生は公式大会史上初の個人ショートプログラムで100点超えを果たし、アジア男子初の金メダルを獲得した。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン