ライフ

マッチングアプリ経由の詐欺被害増加 相手をどう見極めればいいのか

2021年、30代女性はカナダ出身東京在住と名乗る男性に仮想通貨の購入を持ちかけられ詐欺被害に遭った。ロマンス詐欺の相手とのやり取り。稼げるとうたう一方、見返りには女性の手料理をあげ、親密な関係を引き出していた[被害者提供](時事通信フォト)

2021年、30代女性はカナダ出身東京在住と名乗る男性に仮想通貨の購入を持ちかけられ詐欺被害に遭った。ロマンス詐欺の相手とのやり取り。稼げるとうたう一方、見返りには女性の手料理をあげ、親密な関係を引き出していた[被害者提供](時事通信フォト)

 コロナ禍でマッチングアプリの利用率が伸びており、それに伴いマッチングアプリが発端で起きるトラブルが増えている。しかも投資詐欺や国際ロマンス詐欺など、被害の種類も広がっているようだ。なぜマッチングアプリで詐欺被害が増えているのか。マッチングアプリでの見分け方や安全な会い方について、SNSなどでのトラブル被害に詳しい成蹊大学客員教授でITジャーナリストの高橋暁子さんに聞いた。

 * * *
 コロナ禍で学校はオンライン授業、会社はテレワークなどになり、新しい出会いの機会が極端に減っている。その結果、恋愛につながる出会いも減ってしまっている。

 大学の講義はほとんどオンラインとなり、特に2020年には多くの大学生が大学に数回しか登校しなかった。サークルの勧誘もオンラインだったので入りそびれたという2020年4月入学の2年生は、同級生の知り合いもほとんどいない。

 2020年度は年に数回しか大学に行かず、ひたすらパソコンで授業を受け続けたそうだ。2021年にはもう少し大学に行く機会が増えたが、はじめに友だちを作りそびれたため、まだ同じ大学に親しい友達がいないと、大学2年生がこぼす。

「それまでわざわざTwitterとかでつながって友だちになる気持ちがわからなかったけれど、そういうところでつながらないと同じ学校の友達ができない。だから積極的にTwitterやInstagramでつながった」

 同じ講義をとっている人でつながっていないと、レポートなどちょっとしたことも質問できず、困ったためだ。

 このように新生活とコロナ禍が重なった結果、孤独に陥る人が増えている。リアルでの出会いが減って向かうのは、ネットでの出会いやつながりだ。そして、主に若年層によるものだと思われてきたこれらの傾向が、上の世代にも広がっている。

コロナ禍の寂しさでマッチングアプリ利用増加

 コロナ禍に合わせて、マッチングアプリの利用も増えている。スマートフォンを所持する20~49歳独身男女を対象としたMMD研究所の「2021年マッチングサービス・アプリの利用実態調査」(2021年9月)によると、恋人探しの場はコロナ前の2020年3月まで、「職場や学校での出会い」(40.1%)、「友人や家族からの紹介」(39.6%)、「マッチングサービス・アプリ」(32.7%)だった。
 一方コロナ後の2020年4月以降は、「マッチングサービス・アプリ」が42.6%と最多に。続いて「職場や学校での出会い」(29.4%)、「友人や家族からの紹介」が24.05と完全に逆転した。なお、利用したことがあるマッチングサービス・アプリは、「Pairs」(57.8%)、「タップル」(29.5%)、「Omiai」(29.4%)などとなっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン