国内

現役医師が「私はのまない」と避ける生活習慣病の薬とは

医師が飲まない薬とは(写真/Getty Images)

医師がのまない薬とは(写真/Getty Images)

 変異株が次々に登場し、感染者数も“過去最多”を記録し続けて長期化するコロナ禍。医療機関への受診控えの風潮もあり、一度の受診でこれまでより多くの薬をもらったり、電話のみで薬が処方されたりする「長期処方」が広く適用されるようになった。

 特に生活習慣病をはじめとした慢性疾患をかかえる人は、手元に薬さえあれば病院に行かずにステイホームしながら治療を続けられる。ふたたび「医療崩壊」が叫ばれるいま、病院で出された薬はある意味「命綱」となっている。

 ところが、その頼りにしていた処方薬で、かえって健康が損なわれるケースもあるという。順天堂大学附属順天堂医院の非常勤助教で『医者が教える「ヤブ医者」の見分け方』の著書がある金子俊之さんが指摘する。

「『医者』という職業でひとまとめになってはいるものの、その経験や知識は人によって大きな差があります。特に薬の処方はその病気に関する専門知識や治療経験、新薬の情報などさまざまなスキルをもって臨まなければならないのに、きちんと勉強せずに、また患者のことを考えずに漫然と処方する医師が少なからずいるのは事実です」

 では、今日のお薬出しておきますね──そうにっこり笑って処方箋を書くウラで、医師は一体何を考えているのか。そしてその処方薬について、本当はどう思っているのか。医師に話を聞いた。

【座談会に参加した現役医師たち】
A男(50才)内科クリニックを開業
B子(42才)総合病院の内科勤務
C彦(54才)心療内科・精神科クリニックを開業
D美(49才)総合病院の整形外科勤務

配合剤は副作用を感じやすい

 生活が豊かになった現代で、ある意味“ぜいたく病”といわれる生活習慣病に悩む人が増え、薬を処方されている人は多い。その1つが高血圧だ。厚労省の発表によると、70才以上の女性のうち、血圧を下げる薬をのんでいる人の割合は50.8%。つまり半数以上が服用している計算になるため、降圧剤は医療現場でも頻繁に処方されている薬の1つだが、ものによっては、懐疑的な意見を持つ医師は少なくない。

B子「降圧剤は血圧を下げるメカニズムによって何種類かに分類できますが、個人的にのみたくないと思っているのが末梢血管や冠動脈を広げて血圧を下げる『カルシウム拮抗剤』と体内の血圧を上げる物質の働きを抑える『ARB』を1錠にまとめた配合剤です。患者さんは『服用が1錠で済むから楽でいい』と言いますが、複数の医薬品が含まれているから副作用も出やすいと感じます。血圧が急激に低下して、めまいやふらつきを起こしたケースも報告されています」

A男「たしかに配合剤は添加物も多いし、気が進みませんね。処方薬ではありませんが、私は同じ理由で総合感冒薬ものまないようにしています。あらゆる症状に対応できる半面、関係のない症状の薬も体に入れることになるからです。薬には必ず副作用がつきもので、不要な薬を服用するリスクはできる限り避けたいというのが本音です」

D美「副作用といえば、コレステロール値を下げる代表的な薬の『スタチン』も手足のしびれやけいれん、強い筋肉痛など副作用が複数報告されている。なるべくならのみたくないですね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン