芸能

堤真一、“冴えない魅力”の歴史 もう彼の右に出るものはいない

若い頃は故・千葉真一主宰のJAC、舞台演劇でキャリアを積んだ(時事通信フォト)

故・千葉真一主宰のJACに所属し、その後は舞台演劇でキャリアを積んだ(時事通信フォト)

「神演技」「まるで大人の仕草」……毎週の放送が終わると必ず絶賛の声が巻き起こる、TBS金曜ドラマ『妻、小学生になる。』(毎週金曜、夜10時〜)子役の名演。しかし、ドラマオタクのエッセイスト小林久乃氏は、本作の魅力はそれだけではないと主張する。妻を失い失意の中年を演じる堤真一(57)こそ、ドラマの人気を支えているという。小林氏が考察する。

 * * *
 死んだはずの妻が生まれ変わり、小学生の体で戻ってきたという物語で話題の『妻、小学生になる』。放送ごとにSNSで感心されているのは、子役の毎田暖乃ちゃんによる名演技。石田ゆり子さん演じる、亡くなった妻・新島貴恵に仕草が酷似しているという。なるほど。確かに、このドラマを語るうえで子役の名演は欠かせない要素のひとつだ。

 ただここで私は声を大きくして言いたい。あのドラマの人気を牽引しているのは、主役・新島圭介役の堤真一さんなのである。何が最高って、冴えないサラリーマン役であること。最愛の妻を亡くし、やる気もなく、悲しみにうちひしがれていた約10年間。覇気もなく、「家庭で居場所がないのだろうなあ」と思わせるお父さんそのものを見事に表現していた。そう、堤さんは“冴えない”役の(勝手に)名士なのだ。

20年以上前の名作ドラマでも…

 堤さんクラスになると出演作品数が膨大すぎるので、あくまでも私が視聴した中で印象に残った作品を紹介したい。

 まずは彼の魅力が世間に解き放たれることになった『やまとなでしこ』(フジテレビ系、2000年)の中原欧介役だ。才能を持った数学者でありながら、縁に恵まれず、実家の魚屋を手伝う日々。そんな彼が恋に落ちたのがCAの神野桜子(松嶋菜々子)だった。高スペック男子を狙い続ける桜子に振り向いてもらうため、医者だと身分を偽る。当時、堤さんは35歳。自分のことをうまく表現できない、モテない、気づかない、でも優しい。そんな男を演じていた。

 この作品、桜子の(現代語で表現すると)トゥーマッチな港区女子ぶりが人気で、コロナ禍による自粛中(2020年7月)にも再放送されていた。語りつがれていく名作なのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン