スポーツ

羽生結弦に“ピョン落ち”した中国人ファンが語る「ゆづ愛」

中国でも人気を集めた羽生結弦(時事)

中国でも人気を集めた羽生結弦(時事)

 北京五輪フィギュアスケート男子シングルで4位という結果となったものの、4回転半ジャンプの史上初認定を受けた羽生結弦(27)。中国のSNS・微博(ウェイボー)の検索トレンドにしばしばあがるなど、中国でも大きな注目を集めた。人気の理由は何か。ジャーナリストの西谷格氏が現地の中国人ファンに話を聞いた。

 * * *
 江蘇省・南京市の大学でピアノを専攻しているという18歳女性の楊さん(仮名)は、2018年・平昌五輪での羽生結弦の演技を見て、ハマったという。ファンの間で“ピョン落ち”と呼ばれる現象だ。

「演技を見た瞬間、あまりの美しさに目を奪われました。ほかの選手の演技も見たんですが、一つ一つの動作の繋ぎ方だったり技の難易度だったり、ゆづくんだけが違って見えました。見る人に勇気を与えるような、心が震える演技でした。試合後、すぐに名前を検索しました」

 羽生の演技を見た瞬間に感じる独特な魅力は、国境を越えるようだ。以来、羽生の存在は、楊さんの背中を押す存在となっているという。

「大学受験の時にピアノのレベルがなかなか上がらず、悩んでいたんです。でも、私はゆづくんのファンなのだと思ったら、ファンとしてしっかりしなきゃと自分を奮い立たせることができた。大学に合格できたのは、ゆづくんのおかげです。逆境のなかでこそ人は成長できるのだと、彼が教えてくれました」

 春節には、両親から8000元(約14万4000円)ものお年玉をもらったという。お年玉の感覚が日本とは異なるとしても、比較的余裕のある家庭で暮らしているようだ。両親から経済的援助を受けながら、これまでに1万元(約18万円)以上“ゆづ活”に費やした。

「『羽生結弦大型写真集 光 −Be the Light−』、『蒼い炎』、『羽生結弦 未来をつくる』などのゆづくん関連の書籍は全部買いました。ゆづくんの言葉や考え方が分かるものは、手に入る限りすべて手に入れています。日本の新聞は中国のネットで買うと1部25元(約450円)ぐらいで手に入りますが、古いものだと100元(約1800円)ぐらいすることもあります。ネットでも見られますが、やはり紙面で見開きの大判で見るとテンションが上がります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン