芸能

『みんなで筋肉体操』 番組スタッフが明かす「キャスティングの裏側」

よりよい「筋肉」を求めて…(写真提供:NHK)

よりよい「筋肉」を求めて…(写真提供:NHK)

『みんなで筋肉体操』(NHK総合)から羽ばたいていった芸能人は多い。俳優・武田真治(49)は同番組をきっかけに“筋肉俳優”として再ブレイク。庭師の村雨辰剛(33)は俳優業にも進出し、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で朝ドラデビューも果たした。

 ゴールデンボンバーの樽美酒研二(41)、歌手の西川貴教(51)たち定番は抑えつつ、アイドルで総合格闘家の川村虹花(26、昨年にアイドルと総合格闘技を引退)、声優のファイルーズあい(28)といった通向けのマッチョ芸能人も起用し、さらに一般の学生やパラアスリートと、歴代出演者は多岐にわたる。

 もはや“筋肉タレントの登竜門”と呼んでも過言ではない『みんなで筋肉体操』。どのようにキャスティングを行っているのか、石本達也チーフ・プロデューサーと平元慎一郎ディレクターに聞いた。

“筋肉のダイバーシティ”を目指す

——キャスティングで重視しているポイントは何ですか?

平元D:キャスティングは、『みんなで筋肉体操』の要です。というのも、半年に一度くらいのペースで放送している番組なので、シーズンごとの間隔が結構開いてしまうんです。そのため新シーズンを放送するときは、まず視聴者の方の心を掴んで振り向いていただかないといけない。キャスティングにおいては、もともとの知名度もそうですが、「すごい筋肉だけど、本業は歯医者さんなんだ」とか「声優さんなんだ」とか、SNSで話題になるような引っ掛かりを作ることも意識しています。

石本P:ひと目見てすごいと思える体つき、もしくは肩書の意外性。その上で、筋トレへの愛情がどれだけ大きいかなど、さまざまな要素を重視しています。

——キャスティングは、番組からのオファーですか? それともオーディション?

平元D:基本的には番組からのオファーです。ただ、「ネットで探しても見つからない素晴らしい筋肉の持ち主が一般の方々にもいるはずだ」と考えて、第3シーズンだけはオーディションで選んだ一般公募枠の方々に出演していただきました。

——「この人の筋肉がすごい」というリサーチは、どのように行っているのでしょうか?

石本P:筋肉関連のトピックはこまめにチェックし、プロも一般の方も分け隔てなく、とにかく筋肉で話題になっている方々をチーム内で共有するようにしています。

平元D:「肩」や「体幹」など毎回テーマが異なるので、その回にぴったりの筋肉を持っている方という切り口でもアンテナを張っています。

(写真提供:NHK)

各回のテーマにふさわしい筋肉の持ち主が選ばれる(写真提供:NHK)

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン