スポーツ

羽生結弦、坂本花織、カーリング…北京五輪、笑顔と涙を振り返る

 さまざまな競技で採点問題や失格などが噴出して、お騒がせ続きの大会となった北京五輪。それでも日本は、気づけば冬季五輪では過去最多数となる18個のメダルを獲得した。メダルを逃しても連日、話題の中心にいた羽生結弦選手や、最後まで熱いメダル争いを繰り広げた五輪終盤戦のハイライトをお届けします!

(写真/アフロ)

羽生結弦選手(写真/アフロ)

●羽生結弦選手(27才) フィギュアスケート男子
 メダルはなくとも、主役はやっぱり“ゆづ”だった。エキシビションに向けた練習では、2014〜2015年シーズンの『オペラ座の怪人』を筆頭に、『パリの散歩道』『SEIMEI』など歴代の名プログラム10曲以上を連日のように披露して、練習場にいた大会ボランティアら関係者を沸かせた。

 エキシビション当日は、『春よ、来い』をセレクト。足首に怪我を抱えていることを感じさせない美しいトリプルアクセルとともに、音楽と溶け込むような情感溢れる“感謝の舞”で魅了した。今後については「フィールドは問わないって思っています」と、競技を続けるかアイスショーが中心となるのか明言は避けた。

(写真/アフロ)

坂本花織選手(写真/アフロ)

●坂本花織選手(21才) フィギュアスケート女子
 女子選手にも4回転時代が到来する中、4回転やトリプルアクセルを武器に持たない坂本選手が銅メダルを獲得した。大技がなくても技の完成度を高めることで勝負し、緊張感が漂う五輪の舞台でSP、フリーともに自己最高得点を獲得。フィギュアスケート女子では、12年ぶりとなるメダルを手にした。

日本女子フィギュアで、12年ぶりのメダル獲得となった(写真/アフロ)

浅田真央以来のメダル獲得となった(写真/アフロ)

「個人でメダルが獲れると思っていなかった」と喜びの涙を見せつつ、「これを機にもっと上を目指して頑張っていきたいなと思う」と、次の五輪を視野に大技習得への意欲も見せている。

(写真/アフロ)

三浦璃来選手、木原龍一選手(写真/アフロ)

●木原龍一選手(29才)、三浦璃来選手(20才) フィギュアスケートペア
“りくりゅう”の愛称で親しまれるペアが大躍進。木原選手は、演技直後に感極まって号泣。自己ベストを更新し、日本勢では初めての7位入賞を果たした。

(写真/アフロ)

アンナ・シェルバコワ選手(写真/アフロ)

●アンナ・シェルバコワ選手(17才)、アレクサンドラ・トルソワ選手(17才) フィギュアスケート女子
 大逆転で金メダルをつかんだシェルバコワ選手は「これからも練習を続ける」と現役続行に意欲を見せているが、フリーで4回転5本を成功させながらも銀メダルとなったトルソワ選手に笑顔はなし。演技後、コーチからのハグを拒否し「もう一生、氷の上には乗らない」と引退をほのめかすような言動も。金&銀メダルを獲得したROCだが、不穏な空気が漂う結末となった。

レクサンドラ・トルソワ選手(写真/アフロ)

レクサンドラ・トルソワ選手(写真/アフロ)

カミラ・ワリエワ選手(写真/アフロ)

カミラ・ワリエワ選手(写真/アフロ)

●カミラ・ワリエワ選手(15才) フィギュアスケート女子
 大会前は金メダルを確実視されていたワリエワ選手。ドーピング騒動の中、SPでは1位につけたがフリーでは得意のジャンプで転倒やミスを連発し、まさかの4位に転落した。15才の少女が大号泣する姿は痛々しかったが、エテリ・トゥトベリーゼコーチは「なぜ戦うことをやめたのか」と叱責したという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン