芸能

西郷輝彦さんのがん闘病、最期の望みをかけた日本で未承認の「PSMA治療」

PSMA治療に挑んだ西郷(『西郷輝彦公式チャンネル Telstar Vega』西郷輝彦緊急渡豪 前立腺がん最先端治療への挑戦 第三弾 失速編より)

PSMA治療に挑んだ西郷輝彦さん(『西郷輝彦公式チャンネル Telstar Vega』西郷輝彦緊急渡豪 前立腺がん最先端治療への挑戦 第三弾 失速編より)

 昭和の大スター・西郷輝彦が2月20日、前立腺がんのため都内の病院で亡くなった(享年75)。2021年4月からはオーストラリアに渡り最先端のがん治療を受け、「がんが消えた」と喜んだ矢先の死だった。旧友と専門医の証言で、西郷の闘病を振り返る。【前後編の後編。前編を読む】

 日本では未承認の「PSMA治療」は体から放射線が消えるのを待つため8週間の間隔を空け、計3回行なうのが基本で、西郷も計3回アクチニウムを投与した。静脈注射のみなので、他のがん治療と比べて体への負担は格段に軽いというメリットもある。

 一方、治療費は高額で、くぼたクリニック松戸五香院長の窪田徹矢医師(泌尿器科)によると「1回の治療で150万~200万円ほど。3回行なえば450万~600万円ほどかかります」という。

 それでも最後の望みをかけてPSMA治療に挑んだ西郷だったが、1回目の注射後の結果は期待を裏切るものだった。投与後に受けた検査で、前立腺がんの可能性を示すPSAの数値が、上昇していたのだ。その時の心境を西郷はYouTubeでこう明かした。

「(PSAが)3か4だったのがですよ。ある日325に上がったんです。もう驚天動地ですよ。それで清水(の舞台)から飛び降りる思いでシドニーへ来たんじゃないですか。こちらで測ったら470。そして治療していただいてなんと510。ドクターはフレア現象だって言うし……」

 フレア現象とは、放射線治療後の一過性の疼痛増悪を指す。

 さらに医師からは「次からは座薬を併用しよう」とも告げられたという。窪田医師が語る。

「他の前立腺がん治療でも、治療に反応してPSAの数値が上がるフレア現象はよくあることです。ただ、なぜ座薬を使うと提案したのかは、馴染みがない治療法なのでよく分かりません」

 失望する西郷だったが、8月に受けた2回目の治療では、状況が一転する。治療後のCT検査画像を見て、西郷はこう大声を上げた。

「がんが消えた!」それを報告する動画には、喜びと同時に困惑の表情も映し出されていた。「よかった。やった。あれ?」がんは消えたはずなのに、PSAの数値は上昇していたのである。

 一抹の不安を抱えていたものの、西郷は3回目の投与を行なった。9月8日にオーストラリアで収録された日豪プレスの対談では、「最高です。どこか悪かったんだっけ? そう感じるくらいです」と述べるほど、快方に向かっていたはずだった──。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン