スポーツ

女子ゴルフ、サラリーマン家庭の「父と娘」物語 金銭負担で“ゴルフ破産”寸前

三ヶ島親子は「金銭問題」にどう対応した?(Getty Images)(Getty Images)(Getty Images)

三ヶ島親子は「金銭問題」にどう対応した?(写真/Getty Images)

 3月3日、女子ゴルフが開幕する。人気選手が次々と誕生しているなか、最近は優勝後に「親子」で喜び合うシーンを目にする機会も増えてきた―─。趣味でゴルフを嗜むごく普通のサラリーマンだった父の指導を受け、国内メジャーVを成し遂げた三ヶ島かな(25)を中心に「父と娘」の物語をお届けする。【全4回の第3回。第1回 第2回を読む】

 * * *
 サラリーマン家庭に生まれた選手として着実にステップアップしていった三ヶ島だが、高いステージに上がるにつれてある問題に直面していく。それが「金銭問題」だ。本格的にプロを目指すようになると、とにかくお金がかかった。三ヶ島の父・直さんはこう話す。

「毎日通っていた練習場は、140球で1000円だったのですが、そこの社長が“お金が大変だろう”と月1万円で打ち放題にしてくれました。毎日700球近く打っていましたから本当にありがたかったです。

 僕は物流会社の『ランテック』に勤務していましたが、できるだけ給料が多くなるよう深夜のシフトも増やしました。そんな僕を見かねて後に進学するゴルフの名門・沖学園の監督さんが中学時代から、かなの試合の送り迎えをしてくれていた。高校はゴルフ特待生でしたし、本当に環境に恵まれました。とはいえ、寮は高いので実家通いでしたけどね」

 プロを目指し、高校生でオープン大会に出るとなると、ゴルフ場のメンバーでないと試合登録がしにくいという問題にも突き当たった。

「家内の実家から500万円を借り、10年で預託金を返してくれるコースの会員権を2口買ってメンバーになりました。ゴルフ場へ行くのも軽自動車のタントでしたから、高級車ばかりのなか恥ずかしかったですよ。クラブもなるべく大事に使っていました。ボールとグローブはメーカーからモニター扱いにしていただけたので助かりました。ウェッジだけは溝がすり減るので、ご褒美でよく買い替えていました」(直さん)

 高校を卒業する頃には、明確に「プロになる」ことを意識していたが、母は猛反対だったという。

「家内は“バカじゃないの。OLになりなさい”と言っていましたが、朝練に間に合うように毎朝送り迎えをしてくれていました」(直さん)

 高校を卒業後、2015年にプロテストを受けるも2打足りずに不合格に。しかし、同年のQTで5位に入り、単年登録者としてプロの舞台での戦いが始まった(2018年のプロテストで合格)。

「せっかくプロの試合に出られるようになったのに、そこまでで学資保険さえ使い切ってしまった。思い悩んで勤務先の社長に相談すると、スポンサーになってくれた上に“オフシーズンまで休職してやってこい”と僕を送り出してくれました。キャディをやることになったのも節約のためで、当時は年頃の娘とビジネスホテルのツインですよ。西村優菜ちゃんのところも“ゴルフ破産”寸前だったと聞きますが、状況はよく分かります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン