芸能

オダギリジョー「過去を隠さない」「SNSやらない」異色俳優が売れ続ける理由

主人公の父役で活躍中

主人公の父役で活躍中のオダギリジョーが都内でショッピング

 史上初の3人のヒロインが主演するNHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリィバディ」の物語が、いよいよ佳境に入ってきた。現在は、3世代目のヒロイン川栄李奈(27才)演じるひなたが、時代劇の仕事に奮闘中。その父親・大月錠一郎役で女性ファンを楽しませているのが、俳優のオダギリジョー(46才)だ。

 そんなオダギリが2月中旬、都内の衣料品店にショッピングに訪れた。目撃した30代女性客は「大衆的なファストファッション店に、全身黒ずくめでスタイル抜群の男性が買い物に来ていて、思わず見てみたら、まさかのオダジョーさんでした! マスクと帽子で顔が見えづらくても、服装もオシャレでオーラが際立ってました」

 約3000円ほどのダウンジャケットとにらめっこしたり、子供服を探したり、店内をくまなく回っていたという。人気俳優の意外に庶民的な素顔に、女性客もすっかり好印象を抱いていた。

 オダギリは今、朝ドラの好演で人気が再燃している。

 二代目ヒロイン深津絵里(49才)演じる、るいとの甘酸っぱい恋愛ストーリーは「カムカムエヴリィバディ」の視聴率を押し上げてきた。ドラマ初週の平均視聴率は15.52%も、オダギリが昨年12月に登場すると17%台にアップ。

 さらに、オダギリ演じる錠一郎が、突然の病で得意のトランペットを吹けなくなり、るいとの恋も破局しかけたクライマックスの1月25日放送回では、初の18%台(18.5%)を記録。そこから結婚→出産→娘のひなた(子役)登場までの1週間は、ここまで同作で最も高視聴率を稼いだ週となっている。

 あるスポーツ紙記者は「ヒロインの恋人・夫役を、オダジョーさんが穏やかに演じて、朝から女性視聴者を癒してきたのも好評の一因です。ご本人も最近の取材で『ずっとインディーズ系や小さな作品に比重を置いてきて、夜中の作品がしっくりくるタイプ。朝ドラは遠いものだと思っていた』と言われている通りに、無頼派というか非主流派な存在だっただけに、国民的ドラマで優しい男性を演じたのは珍しい」と話す。

 まさに“ギャップ萌え”だ。

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン