芸能

篠原涼子、指輪を外さない元夫・市村正親を「主人」と呼び続ける 2人の温度差

離婚した篠原涼子と市村の関係は

離婚した篠原涼子と市村の関係は(写真は2月下旬)

「地上波ドラマでは絶対に見られません。岩ちゃんファンが嫉妬してしまうほどに過激で濃厚な濡れ場シーンに驚きました。これが独身に戻った女性の大胆さなのかって」。ある芸能関係者が興奮気味に話すのは、2月14日に配信がスタートしたNetflixのドラマ『金魚妻』の主演・篠原涼子(48才)のことだ。三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典(32才)を相手に“不倫妻”を熱演。配信後の視聴ランキングで国内1位だけでなく、香港でも1位、台湾でも2位になったのも納得の衝撃作だ。

「長年、男に媚びない強い女性像を演じ続けていた篠原さんが、あられもない姿で求め合うシーンをやるとは、想像もしていませんでした。結婚生活の16年間は、激しいシーンはNGでした。それを解禁したのは当然、離婚したからでしょう。もう遠慮をする旦那さんがいないのだから」(前出・芸能関係者)

 篠原が市村正親(73才)と離婚したのは昨年7月。撮影はその少し前だったが、すでに離婚は決まっていた時期だろう。あれから半年以上が経過し、かつての夫婦はすっかり別々の道を進んでいるのかと思いきや、不思議な関係なのである。

 2月9日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演した篠原は、市村のことを「主人」や「旦那さん」と呼び続けて、父子が住む、かつてのわが家に頻繁に通っていることも明かした。『女性セブン』も、1月28日の市村の73回目の誕生日に篠原がお祝いに駆けつけたところを目撃している。

 さらに、輪をかけて離婚後とは思えない行動を見せているのが市村だ。2月下旬の都内。親権を持つ子供たちと買い物に出かけた市村の左手薬指には、いまもなお結婚指輪が光っていたのである。

「なぜつけ続けているのかは、周囲もさすがに突っ込めないタブーとなっています。でも、未練がましい感情とは少し違う。市村さんの“執念”と言った方がシックリくる。

 13才と10才の息子さんたちのためにも、家族の関係までは終わらせないという、ある種の意思表示なんです。昨年秋には、同じマンション内のより広く、より賃料の高い部屋に引っ越していますが、普通なら篠原さんが出ていったのだから狭い部屋に引っ越すでしょ? 逆に大きな部屋に移ることで、“家族は減っていない”ことをアピールしたいのかなって思いました」(市村の知人)

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン