ライフ

明治耽美派を描いた宮内悠介氏「美にまつわる記述は全て私の本音」

宮内悠介氏が新作を語る

宮内悠介氏が新作を語る

【著者インタビュー】宮内悠介氏/『かくして彼女は宴で語る 明治耽美派推理帖』/幻冬舎/1870円

 時は明治41年12月12日。両国橋に程近い西洋料理屋、第一やまとで、〈美のための美〉を求める若き詩人や画家らの会合が催された。名を〈牧神の会〉という。

 面子はドイツの芸術運動に因んでそう命名した木下杢太郎を始め、北原白秋、吉井勇、山本鼎、石井柏亭、森田恒友等々、後に名を成す才能がズラリ。そしてこの第1回会合から、1話につき1事件で全6回、彼らに虚構の事件を解かせ、美についても大いに語らせたのが、宮内悠介著『かくして彼女は宴で語る』だ。

 ちなみに彼女というのは、毎回名推理を披露するのが杢太郎たちではなく、やまとの女中〈あやの〉だから! が、万事あやの頼みのこの事件帖を読み進めるうちに、実は美も謎も、それについて語り、追い求める過程にこそ、真実は宿ると思えてくるのである。

 第1回「菊人形遺聞」や第2回「浅草十二階の眺め」、さらに明治40年の東京勧業博覧会に遡る形で謎解きが進む第4回「観覧車とイルミネーション」、市谷・陸軍士官学校長の死の謎を解く「未来からの鳥」まで、宮内氏は当時の時代風俗を映した6つの事件を用意する。

 また各章末には膨大な参考文献と共に、〈本作はアイザック・アシモフの『黒後家蜘蛛の会』の形式を、明治期に実在した会にあてはめたものとなる。したがってアシモフにならい、覚え書きを附すことにした〉と、創作の手の内や元ネタまで開示した覚え書きが付され、律儀なこと、この上ない。

「今作では読者満足度より実験性に傾きがちだった従来の自分を脱却したいと考えました。そこで当時の文人などを知らない方でも楽しめて、豆知識的なお得感もある親切なミステリーを目指しています」

 明治末期、それもパンの会時代の杢太郎を主人公にした背景には、近代詩の伝道師として活動する妻の存在があったという。

「近代詩の好きな妻は中でもパンの会が大好きで、その話になると人が変わったように話し始めるのです。しかも好きな気持ちって、人に伝わるじゃないですか。そんなわけで私も大のパンの会好きになり、今度はそういう『好き』を読者の皆様に手渡せればいいなあという思いもありました。

 中でも私が敬愛するのが杢太郎で、詩人で後に医学者としてハンセン病と闘う彼の魅力の一つが、その生真面目さ。国の隔離政策に異を唱え、自分より世界を優先するような人物像に惹かれます。会の創設当時、彼が芸術か医学かで揺れ動いていたのは史実で、その心中は日記から窺えます。日記があるのは他に石川啄木ですが、他の人たちは結構な物臭揃いで(笑)、日記はあまり書いていません」

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン