芸能

【角川三人娘】角川春樹氏が振り返る 可能性を感じた薬師丸ひろ子の目力

薬師丸ひろ子の透明感は健在

街でスカウトされたのが芸能界入りのきっかけに

 1980年代、日本映画界に彗星のごとく現れた薬師丸ひろ子(57才)、原田知世(54才)、渡辺典子(56才)。いまも第一線で活躍し続ける彼女たちの原点は、10代でヒロインを務めた『角川映画』にある。“角川三人娘“と呼ばれた彼女たちの才能を見出した編集者・映画監督・映画プロデューサーの角川春樹さんと映画宣伝プロデューサーの遠藤茂行さんが当時を振り返る──。【全4回の第1回】

芸能界に憧れのある人は選ばなかった

角川:薬師丸、知世、典子の3人は、オーディションで選びました。私は“アイドル”を発掘した覚えはなく、作品にふさわしい女優を選んだのですが、それがアイドルのように扱われたわけです。

遠藤:薬師丸さんは高倉健さん(享年83)主演の『野性の証明』(1978年)でデビューしていますが、角川さんは彼女の目に可能性を感じたとよく話されています。

角川:何と言っても“目力”です。彼女はそもそも芸能界に憧れがあって入ってきたわけではなく、他薦に近い。ある小さな芸能事務所が街でスカウトした女の子たちのスナップ写真を送ってきて、その中に薬師丸もいて、その目力に惹きつけられました。それで、『野性の証明』のオーディション前に彼女をスタジオに呼んで、アクションスターやスタントマンが所属している『ジャパン・アクション・クラブ(略称JAC)』の俳優に彼女を背負わせて映画のラストシーンを演じさせたんです。

 そのとき、“彼女ならイケる”と思い、オーディションで彼女以上の逸材が現れなかったら、この子にしようと決めていました。

 演技はレッスンすればうまくなりますが、『目は心の窓』といわれるように、目力だけは生まれながらに備わったものですから。

 あのとき、彼女はオーディションの審査員だったつかこうへいさん(享年62)から、「ピンク・レディーを歌ってよ」とリクエストされて「嫌です」とサラリと断ったんです。その意志の強さにも惹かれましたね。

遠藤:後に薬師丸さんから聞いた話ですが、当時はカメラを向けられると吸い込まれそうで、家族写真を撮るときも不機嫌な顔になっていたそうです。デビューしてからも笑った写真がほぼありません。笑顔のアイドル全盛期の中で異彩を放った存在でした。

角川:知世と典子は真田広之(61才)主演の『伊賀忍法帖』(1982年)で、広之の相手役オーディションで選びました。当時、知世は14才、典子は16才。知世は広之のファンで、彼に会いたい一心でオーディションを受けたんです。ただ、この映画はベッドシーンのようなものがあり、14才の知世にはふさわしくないということで、彼女にはグランプリではなく、特別賞を与えたのです。

 このオーディションでヒロインに選ばれたのが典子です。彼女は郷里の大分県から「芸能界に入りたい」とこのオーディションを受けて入りました。『伊賀忍法帖』のとき、私は映画『汚れた英雄』(1982年)の監督で、自分の映画で精一杯だったから、典子の現場にはほとんど行くことができず、彼女の成長を見ることができなかったのは、かわいそうなことをしたと思っています。代わりに遠藤さんに典子の現場に行ってもらっていました。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン