ライフ

布袋(ほてい)顔の店主がお出迎え!お洒落な街、博多・大名に馴染む角打ち

 福岡の中心・天神から徒歩10分。かつては城下町として栄え、今では最新のファッションスポットとして知られる街、福岡市中央区の大名で創業72年を誇る『小谷酒舗(しゅほ)』。

「この辺は、紺屋町(こんやまち)とも呼ばれ、昔は、染め物屋が多かったんだよ。今じゃ若者向けの洋服屋や美容室が建って、すっかりお洒落な街並みになったけど、それに馴染む店構え。でも、どこか懐かしい情緒がある。開放的で一見さんも常連さんも誰でもウェルカムな店だね」(40代)と、客を惹き付ける。

「いつ来てもニコニコ笑顔で布袋様みたい」(50代)と常連客に愛される3代目・小谷昌弘さん(40歳)が父の浩司さん(68歳)と共に営む老舗だ。

3代目小谷昌弘さん(左)と、2代目で父の浩司さん(右)。ともに福を呼ぶ笑顔だ

3代目小谷昌弘さん(左)と、2代目で父の浩司さん(右)。ともに福を呼ぶ笑顔だ

「筑豊地区飯塚市の造り酒屋の次男坊だった親父が、この土地に移って来て酒屋を始めました。この通りは今じゃ立派な石畳だけど、昔は舗装もされていない砂利道で、水たまりで練炭の灯をジュっと消していたものです。

 親父の代から角打ちはやっていましたが、酒の配達が忙しくなって一時期は酒屋業に専念していたんです。2005年に震災(福岡県西方沖地震)にあいまして、店の棚が倒れて酒がすべてダメになっちゃって。酒びんが割れて足の踏み場もないほどの被害でした」(浩司さん)

 3代目を継いだ浩司さんの息子・昌弘さんが震災を機に、「じいちゃんが造った酒屋を絶やしたくない。かつて繁盛していた角打ちをもう一度やろう」と一念発起、店内を改修して17年前に角打ちを再開した。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン