ライフ

布袋(ほてい)顔の店主がお出迎え!お洒落な街、博多・大名に馴染む角打ち

 福岡の中心・天神から徒歩10分。かつては城下町として栄え、今では最新のファッションスポットとして知られる街、福岡市中央区の大名で創業72年を誇る『小谷酒舗(しゅほ)』。

「この辺は、紺屋町(こんやまち)とも呼ばれ、昔は、染め物屋が多かったんだよ。今じゃ若者向けの洋服屋や美容室が建って、すっかりお洒落な街並みになったけど、それに馴染む店構え。でも、どこか懐かしい情緒がある。開放的で一見さんも常連さんも誰でもウェルカムな店だね」(40代)と、客を惹き付ける。

「いつ来てもニコニコ笑顔で布袋様みたい」(50代)と常連客に愛される3代目・小谷昌弘さん(40歳)が父の浩司さん(68歳)と共に営む老舗だ。

3代目小谷昌弘さん(左)と、2代目で父の浩司さん(右)。ともに福を呼ぶ笑顔だ

3代目小谷昌弘さん(左)と、2代目で父の浩司さん(右)。ともに福を呼ぶ笑顔だ

「筑豊地区飯塚市の造り酒屋の次男坊だった親父が、この土地に移って来て酒屋を始めました。この通りは今じゃ立派な石畳だけど、昔は舗装もされていない砂利道で、水たまりで練炭の灯をジュっと消していたものです。

 親父の代から角打ちはやっていましたが、酒の配達が忙しくなって一時期は酒屋業に専念していたんです。2005年に震災(福岡県西方沖地震)にあいまして、店の棚が倒れて酒がすべてダメになっちゃって。酒びんが割れて足の踏み場もないほどの被害でした」(浩司さん)

 3代目を継いだ浩司さんの息子・昌弘さんが震災を機に、「じいちゃんが造った酒屋を絶やしたくない。かつて繁盛していた角打ちをもう一度やろう」と一念発起、店内を改修して17年前に角打ちを再開した。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト