ライフ

布袋(ほてい)顔の店主がお出迎え!お洒落な街、博多・大名に馴染む角打ち

 福岡の中心・天神から徒歩10分。かつては城下町として栄え、今では最新のファッションスポットとして知られる街、福岡市中央区の大名で創業72年を誇る『小谷酒舗(しゅほ)』。

「この辺は、紺屋町(こんやまち)とも呼ばれ、昔は、染め物屋が多かったんだよ。今じゃ若者向けの洋服屋や美容室が建って、すっかりお洒落な街並みになったけど、それに馴染む店構え。でも、どこか懐かしい情緒がある。開放的で一見さんも常連さんも誰でもウェルカムな店だね」(40代)と、客を惹き付ける。

「いつ来てもニコニコ笑顔で布袋様みたい」(50代)と常連客に愛される3代目・小谷昌弘さん(40歳)が父の浩司さん(68歳)と共に営む老舗だ。

3代目小谷昌弘さん(左)と、2代目で父の浩司さん(右)。ともに福を呼ぶ笑顔だ

3代目小谷昌弘さん(左)と、2代目で父の浩司さん(右)。ともに福を呼ぶ笑顔だ

「筑豊地区飯塚市の造り酒屋の次男坊だった親父が、この土地に移って来て酒屋を始めました。この通りは今じゃ立派な石畳だけど、昔は舗装もされていない砂利道で、水たまりで練炭の灯をジュっと消していたものです。

 親父の代から角打ちはやっていましたが、酒の配達が忙しくなって一時期は酒屋業に専念していたんです。2005年に震災(福岡県西方沖地震)にあいまして、店の棚が倒れて酒がすべてダメになっちゃって。酒びんが割れて足の踏み場もないほどの被害でした」(浩司さん)

 3代目を継いだ浩司さんの息子・昌弘さんが震災を機に、「じいちゃんが造った酒屋を絶やしたくない。かつて繁盛していた角打ちをもう一度やろう」と一念発起、店内を改修して17年前に角打ちを再開した。

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン