国際情報

トランプ復活、アメリカの実情「ノーマスクの支持者に囲まれて」現地取材

トランプ陣営の選挙ボランティアとして1年にわたる潜入取材を行った横田増生氏

トランプ陣営の選挙ボランティアとして1年にわたる潜入取材を行った横田増生氏

 ロシアによるウクライナ侵攻は、世界情勢を激変させつつある。なかでもアメリカでは、これに伴いバイデン大統領の失速とトランプ前大統領の復活という奇妙な現象が起きている。テレビ解説でもおなじみの池上彰氏が、話題の新刊『「トランプ信者」潜入一年 私の目の前で民主主義が死んだ』の著者・横田増生氏と語り合った。【全3回の第2回】

日本にも「Jアノン」

池上:それにしても横田さんはよくコロナ禍のアメリカで取材しましたね。

横田:2019年12月にアメリカに入国し、トランプ陣営の選挙ボランティアとして1年にわたる潜入取材を行ないました。

池上:ノーマスクのトランプ支持者に囲まれ、身の危険を冒しながら潜入取材されたおかげで、アメリカの実情を知ることができます。熱烈なトランプ支持者はトランプが言ったことを完全に信じるわけですね。特にコロナの初期には「コロナなんてすぐ消える」と発言して、支持者がそれを信じ込んだ。

横田:トランプは記者会見でも自分が中心になりたくて「俺は医者よりもコロナに詳しい」「消毒薬を使えばいい」とでまかせを言った。賢明な人は失笑するけど、言葉通りに受け取る支持者も多いんです。その人たちに「大統領は嘘をついているとワシントン・ポスト紙に書いてありますよ」と言っても、「いや、ワシントン・ポスト紙がフェイクニュースだ」と返すので話が噛み合わない。

池上:現代のネット社会において、人々は「自分の信じたいことを信じる」ようになりました。コロナを風邪とする人とトランプ支持者もかなりダブりそうです。

横田:トランプは在任中、マスクの着用を拒否し、「ワクチンを接種するのは弱虫だ」とのイメージを発信し続けました。おかげで集会に来るトランプ支持者のマスク着用率は低く、多くても4割ほどです。マスクをしたアジア人は僕くらいなので非常に目立ちました。

池上:ただ、そもそもアメリカにはワクチンやマスクを拒否する伝統があります。理由は大きく2つあって、自由を尊び強制を拒む価値観が1つ。もう1つはエバンジェリカル(キリスト教福音派)が、感染症や天変地異は神から与えられた罰であり、ワクチンやマスクをして逃れるのは許されないと考えることです。

横田:実際にアメリカではマスクを拒否した福音派の牧師が何人か死んでいます。しかも福音派はトランプの熱烈な支持者が多い。逆にアメリカから見ると日本人のマスク好きが異常で、「日本ではプライムミニスター(首相)が国民にマスクを配ったんだ」と教えたら、みんな目を白黒させていた(笑)。

池上:2021年1月の連邦議事堂襲撃事件について、最近のトランプは「支持者は平和的に議事堂を訪問しただけだ」と言い始めた。横田さんはあの時、現場を取材していましたね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト