ライフ

恋愛オムニバスマンガ『これを愛と呼ぶのなら』が映し出す裸の人間模様

写真/アフロ

『これを愛と呼ぶのなら』はラブホテルを舞台にさまざまな恋愛が描かれる(写真はイメージ、/アフロ)

 近年のエンタメ界を見渡すと、恋愛ドラマの多様化と活況が目につく。SNSや配信サービスなどの普及で、視聴者の好みをより即時的に、より細かく反映しやすくなったこともあるのだろう。目立った地上波ドラマを挙げると、2018年、2019年は『おっさんずラブ』が旋風を巻き起こし、2020年には5人のセフレが居るアラサー女性を描きながら、いまどき男女の性生活を全肯定する『来世ではちゃんとします』が深夜枠ながら話題をさらった。

 2021年には偽装結婚から始まる夫婦の形を描いた『婚姻届に判を捺しただけですが』、勝気な盲学校生と純粋な不良少年を描いた『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』、今年に入ってからは他者に恋愛感情も性的欲求も抱かない「アロマンティック・アセクシュアル」の男女を描いた『恋せぬふたり』など、今までメインでは描かれてこなかった設定やカップリングの作品が目立つ。これは、さまざまな恋愛の形を肯定的に捉える層が増えたことの証左といえるだろう。ちなみに先に挙げた5作のうち3作はマンガ原作でもある。

 一方、現実世界では緊急事態宣言が何度も発出され、盛り場に灯る明かりは減り、肩がぶつかる距離で人とすれ違うことさえ減った。では、「ソーシャルディスタンス」「三密回避」といったワードが飛び交う都市で、人と人とが一番密になれる場所と言えば? 答えはラブホテルだ。

『女性セブン』連載中も話題を呼び、このほど1巻が発売された都陽子著『これを愛と呼ぶのなら』には、ラブホテルを舞台にあらゆる恋愛がオムニバス形式で描かれる。70代の老夫婦、初々しい百合カップル、マッチングアプリで出会った男女……。先に挙げた恋愛ドラマの多様化をこれ一冊で担うかのようなバラエティーに富んだカップリングが次々に登場。その秘め事が垣間見られる内容となっている。

 目的が限定された密室空間が舞台とはいえ、そこで交わされるのは行為だけではない。レス夫婦がお互いに抱えていた「今まで言えなかった一言」を吐露しあう回もあれば、逆に近しい人には言えない赤裸々な本音が行きずりの関係の中で剝き出しになる回もある。

 背徳感交じりの好奇心から引きこまれるようにページをめくるうち、キャラクターひとりひとりが抱える切実な問題に触れ、彼彼女らにエールを送りたい気持ちになった。心の中を占めていたザワめきを1枚、1枚脱ぎ捨てるようにして本心を見つめ、たとえそれが痛みを伴おうと前に進もうとする姿に生と性のきらめきを見たからだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さん眞子さんの元へ、佳代さん(右)が…
小室圭さん・眞子さん夫妻が豪邸にまもなく引っ越し 母・佳代さんは3年越し渡米へ向けて準備か
女性セブン
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
女性セブン
スポークスマンなのに自らの疑惑を説明しなかった(時事通信フォト)
【アルマジロ】1000万円裏金疑惑で更迭へ 松野博一・官房長官は“逃げる”政治家「総理大臣杯は重い」 キックバック報道からも逃げ続けて“アウト”
NEWSポストセブン
菅田将暉
『ブラック・ジャック』高橋一生でドラマ化 当初は菅田将暉が主演の予定、“カネで命を救う”の価値観と不一致で降板か
女性セブン
国際親善におけるご活躍が期待されている(10月、鹿児島県鹿児島市。写真/JMPA)
雅子さま、完璧主義でも「いつも時間が足りない」ジレンマ タイムスケジュールの管理が唯一の課題
女性セブン
息子は二宮和也(40才)の第2子と同級生の相葉雅紀
相葉雅紀「高級レストランで1才息子が号泣」の大ピンチ 周囲に頭を下げながら外に出て子をあやすファインプレー
女性セブン
「りりちゃん」こと渡辺真衣被告
【衝撃の法廷レポ】頂き女子りりちゃん「5000万以上いただいてるおぢ」との証拠LINEと4000万円貢いだホストの意外な現在
NEWSポストセブン
財産分与が発生するのか(写真/AFLO)
羽生結弦、105日離婚の元妻が財産分与で推定2億円超を手にする可能性も 「婚姻期間の収入」が対象
女性セブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
「KANA-BOON」のドラム担当の小泉貴裕(こいちゃん)
《ほんまに俺の子?》「KANA-BOON」ドラム担当が20代アイドルと妊娠・中絶トラブル 結婚ほのめかしながら交際、最後は「事務所が認めてくれない」
NEWSポストセブン
森久美子
【堂々闊歩】女優・森公美子 ネット上で吹き荒れた「死亡説」吹き飛ばす黒タイトワンピ姿 
NEWSポストセブン
深田恭子と杉本会長(時事通信フォト)
《結婚目前で破局》深田恭子の交際相手が購入していた「平均販売価格20億円の超高級レジデンス」と「ハリー・ウィンストンの指輪」
NEWSポストセブン