芸能

神田沙也加さんの遺骨の行方 神田家の墓や聖子の菩提寺に納骨できない理由

納骨できないのはなぜか

納骨できないのはなぜか

 ステージ衣装をまとった女性が、いまにも歌い出しそうに両手を広げている。その表情は多くのファンを魅了した、あの笑顔だった。これは昨年12月18日に亡くなった、神田沙也加さん(享年35)の遺影だ。ある舞台に出演した際のワンシーンで、沙也加さんお気に入りの一枚だという。

 沙也加さんは生前、「自分の居場所は舞台」と常々口にしていた。その彼女の思いをくんだ母・松田聖子(60才)は、沙也加さんがゆっくりと眠りにつける「場所」を新たに探し始めていた。

 1月30日、都内の某寺で沙也加さんの四十九日法要が営まれた。

「この日沙也加さんの遺影に手を合わせたのは、父の神田正輝さん(71才)を含む10名ほどです。当日は聖子さんが沙也加さんのお骨を自宅から持ってこられました。ですが納骨はされませんでした。法要が終わると、聖子さんがお骨を持ち帰っています」(寺の関係者)

 法要が営まれたのは、聖子が2012年に再々婚したA氏一族の菩提寺だった。

「命日から3つの月をまたいで四十九日を営むのは、縁起が悪いとされています。沙也加さんのお墓はまだ決まっていなかったのですが、供養は1月中にしてあげたい。そう考える聖子さんが、Aさんの菩提寺でまずは法要を行ったようです」(前出・寺の関係者)

 沙也加さんの今後を気にかけているのは神田も同じだ。東京・新宿には神田の母・輝子さんが眠る寺がある。

「神田さんは父親として、自分のそばで眠らせたいという気持ちもあったようです。ですが自分の母と同じお墓に入れてしまうと、聖子さんがお墓参りをするときに気を使わせてしまう。それでは沙也加さんが寂しい思いをするのではと考えたようです。お寺側は“沙也加さんはあちら(聖子側)のお墓に入る”と聞いているそうです」(芸能関係者)

 聖子側の菩提寺は地元の福岡県にある。1997年に他界した父・孜さん(享年72)が眠っているのだが、そこには沙也加さんを納骨できない事情がある。

「聖子さんのお父さんのお骨は、亡くなって24年が経ったいまも納骨堂に納められたままなんです。つまり、沙也加さんが入れる蒲池家(聖子の旧姓)のお墓はまだ建っていないことになるんだと思います」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン