国内

小室圭さん「アルマーニ服」から見えてきた司法試験合格への自信 眞子さんとのニューヨーク生活継続へ

渡米後、ニューヨークをメガネにスーツ姿で歩く小室さん

メガネにスーツ姿の小室さん。そのファッションが度々、話題に

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫である小室圭さん(30)が、米ニューヨーク州司法試験への再チャレンジを終えた(試験は2月22・23日にわたって行われた)。昨年7月の初挑戦は不合格に終わったが、小室さんは現地の法律事務所で法務助手として働きながら、2度目の試験への準備を進めてきた。4月下旬頃に合否が発表予定で、結果によっては今後の生活が大きく変化しかねない。

 目下心配されているのが、ビザの問題だ。学生ビザでは、卒業後1年間は「OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)」という外国人向け研修制度を使うと、滞在延長をしながら働くことが可能だ。小室さんはOPTを利用していると言われている。そのため、昨年5月にロースクールを修了した関係で、今年5~7月にはOPTの期限が切れることになるとみられる。それまでに正式な就労ビザを取得する必要があり、だからこそ司法試験の合格が必須といわれているのだ。

 生活費の問題もある。眞子さんと暮らす新居は、ニューヨーク・マンハッタンの中心部からやや西に位置する「ヘルズ・キッチン」地区にある高級マンションだ。さらにニューヨークの物価は非常に高く、東京の2倍とも言われる。そしてウクライナ情勢をめぐり、さらなる物価上昇も起こりえる状況だ。

 法務助手である小室さんの現在の収入は、年収にして600万円前後だと報じられている。合格して弁護士として働くことになれば、初年度の年収は20万5000ドル(約2300万円)程度になると報じられているが、今のままの年収でニューヨーク生活を送るには心許ない。2度目の司法試験は、背水の陣と言える状況だったはずだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン