スポーツ

羽生結弦 スケート連盟の“鍵山推し”への胸中と、故郷・仙台への恩返し

2018年8月、カナダ・トロントで母親と鍼灸クリニックに向かう羽生

北京五輪銀の鍵山選手は羽生選手に励まされたことも(写真は2018年8月、カナダ・トロントで母親と鍼灸クリニックに向かっていた羽生選手)

 中国・北京で開催された冬季五輪が閉幕し、羽生結弦(27才)が帰国してから半月が経った。3月21日から始まる「世界選手権」を右足関節の捻挫を理由に欠場することを決めた彼は、しばらく休養を選ぶと思われたが──。

 2連覇を達成した五輪と比べ、羽生が世界選手権と相性が悪いのは事実だ。2014年と2017年に優勝しているが、2015年、2016年は連続して2位。2018年はけがで欠場し、2019年にはネイサン・チェンに敗れて2位。2020年はコロナ拡大の影響で中止になった。

 そして迎えた前回の2021年のストックホルム大会。羽生はフリーでのジャンプに精彩を欠き、3連覇を果たしたチェンだけでなく、鍵山優真(18才)の後塵も拝して銅メダルに終わっている。フィギュアスケート関係者が明かす。

「実は2021年の世界選手権では、“日本スケート連盟は鍵山選手ばかりに力を入れている”と不服を漏らすフィギュア関係者もいました。それほど2人に対する連盟の姿勢には差があったように思います」

 背景には「羽生後のスター選手」を育てなければならないという、スケート連盟の焦りがあるという。

「連盟の大きな収入源は、テレビの放映権料とスポンサー料ですが、どちらも羽生選手に頼らざるを得ない状況が続いてきた。そのため、もし“ドル箱”の羽生選手が引退してしまったら大変なことになると、連盟は次のスターを見つけるのに躍起になっていた。そこで目をつけたのが、当時17才の鍵山選手だった」(別のフィギュアスケート関係者)

 羽生の周囲では、「世代交代」とばかりに鍵山にスポットを当てる連盟への疑念や不満の声が上がった。だが羽生本人はその世代交代を歓迎していた節があったという。

「周囲の声とは裏腹に、羽生選手自身は、そろそろ後輩たちにスポットが当たってほしいと願っていました。実際に彼は折に触れて後輩たちを鼓舞してきましたからね」(前出・別のフィギュアスケート関係者)

 象徴的な会見がある。2020年の全日本選手権後、翌春の世界選手権代表を発表する記者会見の場だった。

「初のシニアの国際大会への出場が世界選手権という大舞台になったことに、鍵山選手は『自分がここにいていいんだろうかと最初は思った』『不安な気持ちがたくさんある』などと弱気な発言をしていました。その姿を見た羽生選手は『自分の気持ちに嘘をつくな』と声をかけ、激励したのです」(前出・別のフィギュアスケート関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン