国内

国際ロマンス詐欺の悪質手口 4600万円を騙し取られた被害者が告発

国際ロマンス詐欺に狙われた町田美穂さん(写真/美穂さん提供)

国際ロマンス詐欺に狙われた町田美穂さん(写真/美穂さん提供)

 インターネットを介して簡単に出会えるが、コロナ禍を理由に直接会わず、言葉の壁があるため詐欺が見破られにくい。まさに現代社会の落とし穴が生んだ犯罪といえる国際ロマンス詐欺。中高年や既婚者も他人事ではない。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏が、その悪質な手口をレポートする。

 100万円、400万円、500万円、900万円、1000万円……。日を追うごとに追加される送金額を足していくと、わずか2週間のうちに、仮想通貨の取引に費やされた総額は4600万円に上った。その後に出金できなくなり、国際ロマンス詐欺だと気づいたときにはもう、手遅れだった。

「ショックで立てなくなりました。これからどうやって生きていこう、どうやってお金を返していこうと」

 都内のマンションの一室でそう嘆息するのは、ネット通販などを営む会社経営者、町田美穂さん(40代・仮名)。昨年6月に被害に遭って以降、失意の日々が続く。

「悲しいという気持ちを通り越しています。いっそのことコロナに感染して死んだ方が楽になれると思い、ワクチン接種を一時的に拒否したこともありました」(美穂さん)

 国際ロマンス詐欺とは、マッチングアプリなどで出会った外国人の異性と親しくなり、仮想通貨への投資話を持ち掛けられるなどで、金銭を詐取される特殊詐欺の一種だ。

 相手のアカウントのプロフィール写真は端整な顔立ちの欧米系が多いが、最近はアジア系も増えている。写真は実在する人物だが、犯人がインターネット上から無断で使用している別人で、被害者が実際にやり取りしている相手ではない。つまりは仮面をかぶった“詐欺師”なのだ。

 この国境を超えた「愛のささやき」による詐欺被害がいま、コロナ禍で急増している。国民生活センターによると、同様の被害の相談件数は2019年度の5件から2020年度には84件に跳ね上がり、昨年は170件にも上った。被害者は警察に直接相談する場合も多いため、この数字は氷山の一角に過ぎない。増加の背景には、コロナ禍によって対面での食事の場が減少したことがあるという。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン